燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

変革について

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

皆さんは変革とか、変化についてどういう印象を受けるのでしょうか。

これまで生きてきた中での私のイメージなのですが、変革については肯定派と否定派(ここでは慎重派ということにします)に結構はっきりと分かれる気がします。

 

 

 

私はもちろん肯定派でございまして、変わるの大好き、変革万歳!タイプです。

なんらかの組織の決まりごとをもう一度見直して、より良いものに変えてみたりとか、自分の部屋の模様替えも頻繁にするし、もちろん自分自身が変わることにも…

 

 

 

 

「人ってそんな簡単に変わらないよ」ってよく言いますけど、私は以外とすぐに変えられるんじゃないかと思う面もあります。

自分の至らない点があったら、ぐっとだらしない自分をこらえて、こらえて、こらえることができれば本当は変われると思います。

変われないというのは、「変わりたくない、変わる気がない」場合なのではないかしら。

 

 

 

 

私は自分の変化を俯瞰してみて、

「おー、私変わったなぁ〜!変われた変われた!」とか思って嬉しくなってニヤニヤするタイプなので、変化に対する考えはちょっとアブノーマルかもしれませんが…

 

 

 

 

こんな感じで変化好きマンがいる一方で、変化にかなり慎重な方も結構多いですよね。

そういう方と自分との一番の違いを感じる点は、「続いている」ということに対する価値観。

私は、もし伝統的に続いていることがあっても、今の私達に合っていないものであればそれは価値がないと考えます。

伝統を守ることの理由が「伝統だから」というのはよくわかるのですが、やはり少し疑問がありますね…すごく表面的な捉え方に思えるときもあります。

 

 

 

だからといって、歴史的建造物とか伝統工芸品が意味ない!ということではないです。それは伝統という価値よりも、現代に光る価値があるものばかりですから。

これからも守っていきたい、という私達の意思があれば、伝統は十分守るに値するものですし、逆に義務的に「守らなければいけない」ということになると、ちょっと待って?となるのが私の考え方です。

 

 

話を戻しますが、

政党でもなんでもそうですが、革新VS保守という構図って私達人間にインプットされているんだなと思います。

 

 

 

変化ばかりしていっても社会やそれこそ人間という種が存続できなくなってしまうし、

逆にうまくいかなくなったときには変革が必要で。

革新派と慎重派については、得意、不得意な分野があるように、

もうDNAレベルで違いがある気がする。

 

 

 

 

それを一般的には「性格」と言うのでしょうけれど、そのバランスたるや凄いと思いませんか?色々な性格の人がいるっていうけど、なんで革新派の人ばかりではなく、慎重派ばかりでも無いのか…

 

 

私達革新派は、慎重派の人たちにうまくブレーキをかけてもらっているし、

慎重派の人ではうまくできないことを革新派の人がやることがあるのも事実。持ちつ持たれつです。

本当に、この世界はよくできているなぁ…という話でした。