燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

STAR WARS エピソード7 フォースの覚醒 を観た!

 

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在公開中のスターウォーズ8。私はまだ映画館に足を運べずにいます。

スターウォーズは私の大好きな映画で、高校生の頃は毎朝スターウォーズのテーマを聴いて学校に行っていました(スターウォーズの音楽の素晴らしさについてはまた今度書きたいと思っています)。

こんなに好きなのになぜ観にいけていないか?

なぜなら、今この時までエピソード7を観ていなかったからです!!(遅い!)

 

 

 

 

 

 

 

 

金曜ロードショーでやっていたので、これは観なければと思いしっかり録画。

今ちょうど観終わってこのブログを書いているところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画を観ての感想ですが、普通に面白かったです。

監督が変わったということもあり、これまでのファンを喜ばせる要素がかなり意識して入れられている感じがしました。

ストーリー全体としてはまだ完成していないので、どうなるのか楽しみにしておくとして、演出ですよね。とにかく過去作品のオマージュの連発!

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる戦闘シーンだったり、ソロとレンが対面するあの細長い橋がルークとベイダーのシーンを想起させますし、居酒屋にちゃんとミュージシャンがいたり、森の中を逃げる様子はエピソード3に出てくるイウォークたちのシーンを思い出します(全然スターウォーズ知らない方すみません)。

 

 

 

 

 

 

とにかく、お!おぉ〜!と様々な場面を思い出していく感じがファンとしてはとても楽しくなって、また1〜6みなおそうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

それと、新キャラのBB8が可愛い!もともとR2も好きだったのですが、BBはR2よりも感情表現が豊かで、小さな子供のような愛嬌があり、エピソード7が女性をターゲットにしているというのはこういう点からも見て取れるなと感じました。

 

 

 

 

 

 

エピソード8で期待するのは、とうとうルークが活躍するのか?というところです。ぶっちゃけ、4〜6でルークって活躍してそうで実はあんまりしてないんですよね...

スターウォーズ作品は一貫して「ダメ男」をメインキャラクターにおいていることが多いように思います。ルークをはじめ、1〜3のアナキンだってパドメへの溺愛が怖いくらいですし、最終的にはメンタルが弱くてダークサイドに落ちてしまいます。今回でも、ストームトルーパーのフィンがそのポジションではないかと(勇敢ですが、結構バカっぽいシーンが多かったです)。

対して女性は、レイア、パドメ、レイといった芯が通った強いキャラが多いですよね。この一貫性は果たしてなんなのでしょうか...気になります。

 

 

 

 

 

 

と、今日はこんな感じで久しぶりにスターウォーズの世界に浸れて楽しかったです。

これは映画館に足を運ぶしかないですね。また時間見つけて観に行こう。