燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

自分の体力恨む

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

昨日の朝、なんだかしんどいなーと思って熱を計ったら38度。

病院に行き、扁桃腺が腫れていますね〜と診断を受け、お薬をもらい、バイトを休む連絡を入れ、そのまま1日家で寝込んでいました。

 

 

 

39度まで上がった熱も、薬が効いて今は平熱まで戻りましたが、扁桃腺の腫れはまだ治まらない模様…

今日も家で休んでいます。

 

 

 

疲れが溜まってたんじゃない?と家族に言われたのですが、そんなに身体に無理をさせた覚えはないのに、こうして発病してしまうのは自分としてはなんだか納得いきませんよね…

ええ?!もうギブアップ??みたいな笑

 

 

 

 

前のようにアホみたいにバイト入れているわけでもなく、自分の好きな専門の勉強に集中できて、むしろ最近は楽しいくらいだったのですが、身体は正直ということなのでしょうか。

そうだとすると、

自分どんだけ体力ないねん!!!!

って軽く失望してしまいます。

 

 

 

 

何かしら結果を残す人というのは、努力をしているわけですから、私もやってやるぞ!!って意気込んでいたのですが、アクセルの踏み方が悪かったのかなぁ…

自分としてはまだ全然頑張れていないなと思う段階だったので、ここで倒れてしまうと、私には頑張って結果を出す資格ないのかしら?とか思っちゃいます。

 

 

 

 

平気でカラオケオールしちゃう大学生達は本当にすごいですよね…

私は寝る時間確保した上でこの有様です…

若ければいける!といった通念がどことなくありますが、正直、

「いや、若くても全然無理なんですけど…?」

って心の中でいつも言い返しています笑

 

 

 

 

やっぱり体力とかも容姿と同じで、神から与えられた不平等なものの一つなんじゃないかと思います。

私より生活習慣悪そうでも元気にしてる人はたくさんいますし、そういう人を見るたび、自分にがっくりしてしまいます。

 

 

 

 

そうはいいながらも、結局自分の身体と向き合っていかなくてはいけないので、今回のことを踏まえて何か改善できるところはないか考えているのですが。

もっと栄養バランスの取れた食事、適度な運動といったところなのでしょうかねぇ(頭が回っていない模範解答)。

寝る時間帯を早くするとか…?

自分は体力ない!と自覚されている皆さんは、普段どういった過ごし方で社会の流れに適合されているのでしょうか。気になります。