燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

吐き出したい衝動

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

この間、いつも通っているファーストフード店で、近くに座っている高校生のカップルの話が聞こえてきました(いつものように聞き耳を立てております)。

どうやらそのカップルは付き合いたてのようで、彼女は、友達から僻まれるけれども、彼女は友達との約束より彼氏のことを優先するという堂々っぷり。

彼女いわく、今一番大切に思っているのは彼氏だし、優先するのは当然のこと。

そして、私は大切な人とはずっと一緒にいたいし、登下校もお互い一緒に行くのが当たり前であるような関係になりたい、と。

 

 

 

 

これを聞いた私は、横で、

 

 

 

 

(うぉぉぉぉぉぉ......!無理ぃぃぃぃぃぃ........!!

ここまで私と考え方逆の人ってやっぱり存在するのか!!!

少女漫画とネットの恋愛コラムの中だけやと思ってたぁぁ......!

年齢違うとはいえ、私高校生の時一切そんなこと思ったことなかったし、これは根本的に考え方が違う!!!!)

 

 

 

 

と、謎の興奮(?)を覚えた後に、

私の頭の中にある「処世術リスト」に書き込むのです。

 

 

 

「こういった恋愛感覚が全く合わない人と仮にが話す機会ができたときは、自ら一切恋愛の話を持ち込まないようにしよう。そして、万が一その話になっても、自分の意見を出しすぎないように、うまーくごまかそう!!!」

 

 

 

 

これが自分も相手も傷つかない一番の方法である。

私は思ったことをばばーーーっと言ってしまう癖があるので、本当に気をつけないと、相手を傷つける意図なしに、相手を傷つけてしまいかねません。

こうして日々私なりに気をつけながら生きてはいるものの、

本当はめちゃくちゃ吐き出したいこととかをぐっと我慢するのが大変な時もあります。

大学で行われている哲学カフェや、音楽に詳しい友人、そしてこのブログなど、定期的に吐き出す場所はできているのですが、話したい瞬間に話せるということでもありません。Twitterはもっとメンタルトレーニングしないと復帰できそうにないし...

 

 

 

 

 

ふと思ったのですが、きっと私のように友達は少ないけれども言いたいことを気兼ねなくぶちまけたい!と思っている人用のAI(人工知能)とかそのうち開発されるんじゃないですかね??

自分の発した意見に受け答えしてくれて、気分悪くなったら自分の好きな音楽を再生して和ませてくれる、あなたに合った「話し合えるAI」みたいなの。

どこまで個人レベルに合わせられるかはわかりませんけど、Siriに話しかけて過ごしているお一人様がいるんだったら、絶対流行ると思うけどな〜。

 

 

 

 

 

私はAIの開発に携わるのは難しそうなので、将来、生身の人間同士が、もっと気軽に言いたいことについて真剣に話し合える場所などの提供を手伝ったりすることだったらできるかも、とかぼんやりと考えてはいるのですが。