燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

ロフトバレンタイン広告

 

 

どうも。燦太郎です。

まだテストが終わっていないので気が休まりません。春よ、はやく来い〜…!

 

 

 

さて、少し前に苦情がきて取り消されてしまったロフトのバレンタインの広告について考えたいと思います。

私もネットで知ったので、動画も直接は見れなくてすごく残念だったのですが、どうやら女子がキャピキャピしてる裏でお互いのことを蹴落とそうとしている内容だったようです。

 

 

 

これについて、

女子を貶めたいだけ!

なに顧客に喧嘩売ってんだよ!

といった批判が多数寄せられ、ロフト側は謝罪し広告の取りやめを発表したのです。

 

 

 

そういえば、嵐の引退会見で失礼な質問をした記者に対して感情を露わにしてしまったアナウンサーが、「報道の自由の観点から記者の質問は擁護される」という批判をうけ、後日アナウンサーが謝罪してましたね。

 

 

じゃあ表現の自由もあるやないかい!

 

 

って思っちゃったんだけどなぁ〜

 

 

そりゃ色んな表現方法がありますから、気分が害されることはあるでしょうが、すぐ取りやめるのはどうかと思いますし、すぐ謝罪する風習もなんだかなって感じです。

 

 

適切か不適切かはあるにしても、

誰にもトゲがない広告はあってもいいだろうけど、誰の心にも刺さらないものばかりできてしまいそう。

 

 

 

世間の意見では、風刺も理解できないなんて!という私に近い考えの人も多くいるようですから、その割合がどれくらいなのかちょっと興味はありますが。

 

 

 

にしても、今回の件で立腹した女性(男性もいたかもしれませんが)は、一体何に怒っているのでしょうか。私はその点が一番疑問なのです。

 

 

 

女性のことを悪く言っている!そんな友情感はもう古いよ!という批判、もしかすると怒っている人は女性を代表する正義感に満ち溢れている人なのかもしれません。

 

 

 

私なんかは、「世間ではこう言われてるらしいな、私にはよくわからんが」とか

「女の本質って怖いね〜、でもそういう性質なんだから仕方ないね〜」って割り切るタイプなので、彼女たちはご立派です。

女性像に対してそこまで怒れるというのは、何か強い思い入れがあるのでしょうね…

 

 

 

確かに周りが決めつけてくる女性のイメージに悩まされることもあるのかもしれませんけど、

「世間ではそう言われるが、私はそうではない」という自己表現の仕方もあるのではないですか?

 

 

 

ここで面白いのが、批判の内容に、

女子はそんなことしません!というものは一切ないということ。

悪口じゃん!というだけの批判は、実際女の性格の悪い一面を認めているようにも聞こえます。disられてる!って思うってことは、何らかの自覚があるということでしょ。

 

 

 

でもこういう広告で真実を見つめ直すのも大切だと思いませんか?

自分が観察対象にされて、分析されるというのは嫌だという人も多いと思いますが、真実をつくというのはdisっていることではありません。

「Aは真実である」で話は一旦終わってますから。その時点でAになんの評価も与えていません。

「人間は死ぬ」ということについて普通は誰もdisってないでしょう?これをdisれるのは神様くらいしかいませんから…

 

 

 

おそらく、この広告を作った人も、絶対に女性をdisるためにこの広告作ってないでしょう。

だって顧客ですから。

「女性ってこういうところあるよね」っていう真実をついただけなのではないですか(その表現方法が気に入らなかったのかもしれませんが)?

 

 

 

もうそろそろ「批評=dis」っていう構図なくならないかしら。

みんな何も言えなくなるよほんとに。

今日もいい天気ですねしか言えなくなっちゃうよ。私はそんな世界嫌だけどな。