燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

読書スピード

 

 

 

 どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

最近急に読書のスピードがあがりました(うれし〜)。

読書のスピードは、ある程度鍛えたら効果がでるということらしいです。

自分が思ってる以上にスラスラ〜っと内容が理解できて、ハッ!と自分の成長に気づいたのです。

 

 

 

 

前々から、速読のやり方などはいくつか知っていたのですが、試してみても全然内容が入ってこなかったので私には無理だと諦めていました。

そんな中、春から受けている授業の一つに有名哲学書をどんどん読んでいくという演習があり、1週間で100〜200ページ以上の予習が課せられたのがかなりしんどくて。

 

 

 

 

 

全然予習追いつかないし、プラトンとかアリストテレスとか一読しただけじゃ内容も理解できないしでめちゃくちゃきつかったのですが、そのおかげで、要点読みを意識するようになりました。

1文ずつじっくり考える読み方も大切ですが、予習が追いつかないのでとにかくばーっと読む。すると、ここは例えだな、とか、これは重要なポイントを詳しく説明している部分だというのが見えてきて、テンポよく次のページに進めるようになりました。

 

 

 

 

あと、難しい内容の本に挑戦し続けていると、

内容がわかりやすい本を読むスピードがめちゃ上がります。

え!なにこれ!!というくらい早くなります。笑 

難しい本は挫折しやすいですが、とにかく目を通してみるのもそれはそれで何かしらの訓練にはなってるのだな〜と実感しました。

筋トレならぬ本トレです。ある程度の効果はあります。

 

 

 

 

加えて、読む本に関する前提知識があれば、

大体の結論を意識しながら読めるので、スラスラ読めるのも大きいです。

知識が知識を効率よく呼んでいるのですね。

学問ってこういうことです。大学入って3年目でようやくわかるという…笑

 

 

 

 

とはいえまだまだ積読状態が続いているので、さらなる質の高い読書を目指していきたいと思います。読むぞ〜!