燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

「ボヘミアン・ラプソディ」を観た!

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

ミーハーなので、今話題の「ボヘミアン・ラプソディ」をやっとこさ観てきました!(ネタバレ注意です)

 

 

 

 

もともとQUEENファンと言うわけではないのですが、映画自体の完成度が高く、普通に楽しめました!

一応映画見る前に、有名な曲をざーっと聴いたり、AIDのライブ動画をみて予習していったので、細かく作られていることがよくわかります。QUEENマニアからすると、さらに細かいところで面白いポイントが見つかるんだろうな〜という感じ。フレディの衣装とか、バンドの楽器を含めた小道具など、すごく「見せよう」という意識が伝わってくる画の作り方というのはわかるのですが、マニアではないのでそこまでグッとはきませんでした…残念…

 

 

 

 

 

この映画がQUEENのファン以外の人からも支持されている理由はなんだろう?と思いながら見ていましたが、それはフレディの人間的葛藤にかなり沿ってストーリーが進んでいくという展開なのではと思います。

ミュージシャンストーリーの定番、人気になるまで、そして人気になってお金がたくさん入ると、お酒やドラッグなどに身体を蝕まれていくという展開のなかに、性的マイノリティに悩む孤独なフレディが色濃く描かれています。

 

 

 

 

 

今の時代ならバイセクシャルもだいぶ受け入れられつつありますが、当時の状況で抱える悩みは相当だったに違いない…!という、現代と当時の情勢を比べることによってさらにフレディに感情移入できる感じがしました。

注目が集まっているセクシャリティの問題をまた新たに掘り下げることは、現代に生きる私達の心を動かすという構図が映画界ではすでに出来上がっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

映画の中では、何度もバンドを「家族」と呼ぶのですが、血縁だけを家族と呼ぶのではないというのがもう一つのテーマとして描かれています。QUEENのメンバーの関係が、この映画に描かれているとおりなら、かなり素晴らしい人間関係です。お互いの個がしっかりとあり、音楽というのをそれぞれの拠り所にしている、まさに程よい距離感なのです。

 

 

 

 

 

普通ならフレディの様々な行動に呆れ返って勢いでバンドを解散しそうですが、知的なブライアン・メイたちが憤慨して解散しなかったのも、フレディの才能をしっかり認め、いい音楽ができる仲間だと心から思っていたからでしょう。各メンバー作曲もしますし、それぞれの力量のバランスが素晴らしかったのだと思います。だからこそ次々に名曲を生み出せたのかもしれません。

 

 

 

 

 

さて、この映画では「応援上映」というワードが話題になっていますね。私は普通に静かに観れたのですが、一部地域では、映画館にペンライトを持っていってみんなで歌うという上映もあるそうで…

私はライブでわーわーやるのがあまり好きではないので断固反対です…

盛り上がれたらなんでもええんかーーい!って思っちゃいます。笑

本当のライブなら、演者と観客とのやりとりがあるわけです。観客の盛り上がりに、演者もパワーやイマジネーションをもらうわけです(見た方、映画本編でも描かれていましたよね)。

 

 

 

 

でもスクリーンに向かって盛り上がるって、一方方向すぎるし、自己満足な感じがします。

自己満足はそれでいいのですが、本当に音楽が好きなら、現役のミュージシャンのライブに足を運んで、エネルギー交換したほうがよっぽど音楽を動かす原動力になるとおもいませんか?

こんなこと考えているのは私だけでしょうか…

 

 

 

最後は少し話題が逸れてしまいましたが、オープニングの20世紀FOXのファンファーレから、エンドロールまで楽しめました!

まだ見てない方はぜひ!そして感想を教えてください!語りましょう!!