燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

こんな社会、いやだ!シリーズ

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

この間、バイト帰りに駅まで歩いていたら、道端で倒れている人がいました。

おそらく酔っ払いで、倒れた周りには嘔吐したあとがあり、付き添う人が介抱しながら救急車を待っているようでした。

 

 

 

 

 

大体夜のこの時間帯になると、駅で吐いたり、電車の中で酔っ払って倒れたりする人が増えます。

以前も書いたかもしれませんが、私はあまりお酒を飲まないので酔っ払って楽しくなっている人の気持ちもあまりわかりません。なので、お酒のマナーがあまりよくない人に対しても強く言うことはできませんが、冷静に考えてみておかしいと思いませんか?

 

 

 

 

楽しくなる為に飲んでるのに、死んだらどうするのでしょうか。

たまたま体調が悪かったなどのこともあるかもしれませんが、なぜ自己規制しないのですか。

おじさんにもなれば、加減をわかっているのでは?

 

 

 

 

上司に無理やり飲まされるという話も聞いたことがありますが、なぜ上司は無理やり飲ませるのですか?無理やり飲ませて体調を崩し、車内で倒れて電車が遅延したり、駅員さんや周りの人に迷惑かけたらどうするのでしょう。それも飲まされた側の「自己責任」というような社会、おかしすぎます。

 

 

 

 

多量のアルコール摂取によってストレスを発散している方も多くおられるでしょう。それはいいのですが、もっと人様に迷惑かけないようなやり方でストレスを発散してほしい…

 

 

 

 

私達側も、「あの人酔っ払いだから駅で吐いてても仕方ない」というような空気を作ってしまっていますが、その空気自体が怪しく思えてきます。

意識がなくなって危険な状態に陥るまでお酒を飲んでしまうくらいにストレスが溜まっている人々を生み出しているこの社会そのものがおかしいとは思いませんでしょうか。

 

 

 

 

私は道端で倒れている人以外にも、意識を失って車内で倒れた男性を目の前で見ましたし、正直もううんざりといいますか、酔って電車を遅延させたり、周囲の人に迷惑をかけるという行為が本当に嫌なんです。

そして、そういう人を創出する社会、その現状を見てみぬふりする社会にも強く疑問をいだきます。こんな社会、いやだ!