燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

燦太郎はフリューゲルホルンを手に入れた!

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

ついに…

ついに手に入れました…!

フリューゲルホルン!!!!!!

 

 

 

 

 

 

高校生の頃から憧れ、買おうと思いつつもタイミングがなかなか掴めなかった2年間…

やっと抱きしめてマンジョーネの真似ができる!Feel so goodすぎます!!

 

 

 

 

私が買ったのはCarol BrassのN6200GBというモデル。ラッカー仕上げで、ベルはゴールドブラスです↓

 


f:id:ushfskda6485-sshdajoji:20181219231724j:image

 

 

3番トリガーのキーが木製で、ピストンのシェルがブラックというデザインも素敵です。

Carol Brassは台湾製なのですが、お手頃価格でかつ音も良いという評判があります。

予算が15万前後の中で、気に入ったものに出会えるか心配でしたが、3種類ほど試奏をさせてもらって決めました。

 

 

 

 

比較したのは、同じく台湾製で、もう少し低価格のJupiterのフリューゲルと、Carol Brassのサテン仕上げのフリューゲルの3本。

 

 

 

 

私が購入したモデルは、いかにもフリューゲルホルンらしい、音の広がりや響きが1番感じられました。クラシックからジャズまで幅広く使えると言われるのも納得のサウンド。吹奏感も軽くて、音域もバランス良くカバーできる印象でした。

 

 

 

一方、Jupiterの方は重ための音はしましたが、個人的に吹きやすさとしてはイマイチ。前者よりも重心が手前にくる感じです。いい感じで響く音の範囲も狭いような気がしました。

 

 

 

 

 

そして、最後まで買うか悩んだのがサテン仕上げ。仕上げ方が違うだけで、こんなに音が変わるのか〜と驚くほどに違います。

サテンはジャズでよく使われるという話を聞きましたが、まさにバップの演奏にはピッタリな音。こちらも少し重めのサウンドで、かつ吹いたときの音の締りがきゅっとしています。高音で張った音の鳴りもすごくいいです。ラッカー仕上げはそれに比べてもわもわしているので、どうしても輪郭がはっきりしません(それがフリューゲルっぽいのかもしれませんが)。

個性的で、使うシーンによってはとてもいい味がでそうな楽器です(2本目とかにはいいかも)。

 

 

 

 

フリューゲル用のマウスピースや、トランペット用マウスピースを差し替えることができるマウスパイプ、背負えるケースも付属で大満足。

これから比較的低価格のフリューゲルを購入しようとしている方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

 

 

 

最近のトランペッターはフリューゲルをよく使っているのですが、以外とその存在感が薄いというか、トランペットと何が違うのかよくわからないと言われることも結構あるんですよね…

フリューゲルにしか出せない温かく繊細な音色をもっと多くの人に知ってもらいたいです。

いい音ならせるようになるぞ〜!