燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

何が1番きこえてくる?

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

これまでは自分の所属するサークルのメンバーを中心に音楽の話をしていましたが、最近は他の大学や職場で、ジャズ以外の音楽好きの人とも話す機会がちょこちょことあります。

その人のおすすめのPOPSやヒーリングミュージックなどを教えてもらって、AppleMusicやYouTubeで探して聴くのが近頃の楽しみです。

 

 

 

 

普段はジャズを聴くことが多いので、あまり聴かないものに触れるのはとても新鮮ですし、発見がとにかくたくさんあります。

共通のアーティストが好きな人のオススメの中でも、自分的には「うーん…」というものもあって、色々考えながら聴くと、その人が音楽のどこに重点を置いているかがわかってきたりするんです。その分析のなんと楽しいことか!

 

 

 

 

色々な音楽を聴いて行われるこの分析の対象は、もちろん自分自身に向けられることもあります。この間の発見は、私は歌物の曲になると、人一倍その歌い手の声質に敏感になるということです。

そもそもジャズボーカルもあまり聴くことが少なく、その理由を単純にインストの方が好きだからかな〜と思っていました。しかし、シリル・エイミーにどハマリしたり、シンディー・ローパーの歌声に感動したり…歌自体が嫌いということではないのです。

 

 

 

 

 

ここ最近、ceroものんくるそれぞれのアルバムを4枚ずつくらい聴き比べをしていたときのこと。菊池さんがプロデュースしているジャズアレンジなものんくるは私も好きなはずなのに、これまであんまり聴いてこなかったのは、私が好きな声の範囲がとても狭いということなのだと気づきました(イメージ的にceroは歌がメインというよりも、歌も含めた全体をすごく意識している感じがする一方で、ものんくるはやはり歌物です)。

 

 

 

 

おそらく、ジャズボーカルも声が好きな人が少ないのかもしれません。たとえバックがすごいメンバーでも、ボーカルの声が今ひとつだったら、たとえめちゃくちゃ歌がうまくても少し冷めてしまいます。これはきっと、好きなトランペットを音色で判断する傾向がそのまま現れているんですよね…

 

 

 

 

やっぱりどんな楽器も音色が私にとっては1番重要なのだなーと気づいて一人で納得していました。みなさんは音楽を聴くとき、何に注目して聴きますか?