燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

女は20面相?

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

今回は「女性が20面相って本当?」というご質問をいただきました。

二十面相といえば、江戸川乱歩の「怪人二十面相」が有名ですが、女性についてもそういういわれがあるのでしょうか。

これを読んでくださっている女性の皆さん、どうですか?

 

 

 

 

 

 

20面相はないにしても、女性は何個か持つ顔があるかもしれませんね。

まず、喜怒哀楽が激しいとか、感情的になりやすいとかそういう意味もあると思います。

これは男性の皆さんに是非覚えていて欲しいことなのですが、女性は体質的なこともあり、時々ものすごく精神が不安定になることがあります。

なぜだかわからないけれども急に泣き出したくなったり、ものすごくイライラしたり、

とにかく制御不能な感情が湧き出してくるときがあるんです。自分で抑えようと思っても抑えられず、余計に自分の無力さに虚しさを感じるっていう負の連鎖に陥ることもあります(もちろん男性も共感できる方はいると思いますが)。

相手に嫌な思いをさせたくないとわかっていても、きつい言葉を言ってしまうこともあるし、だれかに嫌がらせをしたり、ヒステリックになって叫んだりする人もいます。そのヒステリックなエネルギーってとてつもないですから、理解できない男性もいるかもしれません。でも同時に女性も制御不能な感情と日々向き合って戦っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと考えられるのは、世間でよく言われる「裏の顔」とかいうやつでしょうか。

例えば女同士3人で話していて、一人が去ったらその人の悪口を言うパターンですね。

私はそういう陰口をねちこく言うような人間とはかかわらないようにしていますので、詳しい実情はわかり兼ねますが、実際そのような人が多いと思います。

 

 

 

 

 

 

女性は基本的に周りと自分を比べて、自分が優位に立つことを考える生き物です。そうではない人もいますが、根本的な要素としては含まれていると思います。生物として優れた種を残さねばなりませんし、母体が優れていた方が優れた種が生まれやすいと言うインプットかなと私は考えています。だから女性は自分を美しく見せる努力を続けられるとも言い換えられます。

男性ももちろん比べますが、また別の比べ方というか。女性は電車に小綺麗な同性が入ってきたら足元から顔までくまなくチェックする率が高いです(燦太郎調べ)。

一旦じっと見て、化粧の濃さから、身につけている服、カバンのブランド、ヒールの高さまでみる。単におしゃれで素敵だ!と思って見ている時もあり、どれくらいのレベルの女性か、「品定め」をしている時もあります。皆さんぜひ電車で観察して見てください。女性は女性のことを結構見ていますから。

 

 

 

 

 

 

 

だから、貶し合いが好きな人が多いのでしょうか。人を蔑むって、自分を優位に立たせたいという欲求からしか出てこないと思うのです。

貶すなら一緒にいなければいいと思いますが、表面的な関係を保ちたいとも女子は考えるわけです。群れるのが好きですから。だから表面的な関係を持つための顔を持つのではないでしょうか。

ここまで女性のことめちゃくちゃ悪く書いているようですが、それはある意味で女性がすごく賢いと言うことも意味しているんです。状況によってコロコロ態度を変えることができるのは、その場で最善の態度を瞬時に選択してすぐ実行できるスキルがあると言うことです。まあ、ある意味では怖いともいえますが...

 

 

 

 

でもそうした性質を持っていながらも、裏表なく、落ち着いて、自分に素直に生きている女性は本当に素敵ですし、かっこいいです。自分をいかにコントロールするかを心得ています。

女って20面相なんだ!怖い...という気持ちもわかりますが、基本そういう生き物として考えておいてもらった方が、あなたの身のためにも、この先いいかもしれません。笑