燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

バーチャルユーチューバー

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

今回はバーチャルユーチューバーについてどう思うか?というご質問をいただきました。

バーチャルユーチューバーとは、ユーチューブの動画を投稿してそれを半ば仕事?としている3Dの可愛いキャラクターのことです。

その存在を知ってはいたものの、ご質問いただくまではちゃんと見たことがなかったので、キズナアイ、ミライアカリ、輝夜月の動画を拝見。

 

 

 

 

 

実は先日書店でキズナアイの写真集(画集?)をレジでさばきました。彼女はとても人気があるようですね。

動画を見ていても、話し方とか、編集のされ方とか動画のテーマはこれまでとのユーチューバーがやっていることとほぼ変わりません。

その特徴としては声が可愛いのと、キャラクターのビジュアルもとても可愛いということ。

 

 

 

 

 

声だけ聞いている分には、声優さんのラジオ番組のあの少し砕けた感じとあまり変わらないな〜という印象を受けました。

でもそこにリアルな動きをするキャラが見えることで、確かにこれまでの二次元とは違う感じがしました。現実にかなり近づこうとしてますし、ファンもそれを望んでる感じなのでしょうか?

 

 

 

 

キズナアイの設定はAIとなっていますが、調べた感じではモーションキャプチャーを用いて、声優さんが演じているようです。

色々調べて私が思うことは、これが完全にAIになったらかなり人間と人工知能の関係が変わってくる革新的な変化でしょう。

しかし今はまだ人の創作がキャラクターを動かしている状態なので、なんら一般のユーチューバーの方とは変わりがないと感じました。見た目が違うだけといいますか…

 

 

 

 

でもバーチャルな存在のために様々な人が動いているとなると、哲学的にはやはり「存在」について考えることができそうですね。

アニメなどは仮想の世界で生きているため、非現実的な感覚を持てますが、キャラクターが我々の生活に浸透してきているとなると、そのキャラクターは「存在」しているのかということが問われます。

 もしかすると、私達が意識している「存在」の定義が変わるようなことが起こるかもしれません。

 

 

 

 

バーチャルのこれからの進展はとても興味があります。これによって人間のあり方もまた変わってきそうですね。楽しみです!