燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

リアルタイム理不尽

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

今日の朝書いた記事に関連する出来事がちょうど起こったので書きます。

 

 

 

 

 

簡潔に言うと、書店でレジをしていて機嫌が悪いお客様に怒鳴られるという…

私の応答とかがマニュアル通りで、よく言えば丁寧、悪く言えばちんたら鬱陶しいということに気を悪くされてしまいました。

その方はお金を渡して本を手に入れるという動作だけで十分だったようで。

 

 

 

 

 

私も初めてのことでびっくりしてしまい、とにかくすみませんしか言えなかったのですが、 

お前みたいなマニュアル通りにしか喋れない人間が嫌いだの、すぐにすいませんって言うなだの、まあ完全に沸点に到達されていて。

あとから副店長がその方とお話して下さって、考えていらっしゃること自体がめちゃくちゃだとか、そういうことは無い方だったのですが…

たまたま機嫌が悪いところに私が出くわしてしまった…ということです。

 

 

 

 

 

おお、これこそ理不尽な体験か〜といい経験になりました。

その方が言うように、マニュアル通り制度化された社会が気に入らないという方の意見は十分わかりますし、考えさせられるなと思いました。

 

 

 

 

 

 

けれど、その怒りをどこにぶつけるかという話です。その社会に対しての鬱憤をもっと別のところで晴らしてくれよ、センスないな…という感じです。

まあ私が単にナメられて、晴らしやすそうだったからそうしたのかもしれませんが、なんだか悔しいですね。 

理不尽体感済みですので、ちょっとは耐性ついたかな〜