燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

女性の社会進出

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある男性の方とお話をしていたときのこと。その方が勤めている職場は、男女比の割合が男性にかなり偏っているようで、上層部からの注意も受けるほど、他と比べて女性が少ないのだそうです。

これは今日本社会の中で最も問題になっている現象の一つですよね。やはり身近なところにもそうした問題がたくさんあるんだなと思って話を聞いていたのですが、

その問題に対してその男性なりに考えているところを聞かせてもらうと、

これは女性の側にも問題があるのではないか?

とおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方の意見では、女性の中で職場の上の方を目指す人がそもそも少なく感じ、自ら進んで上には行かない女性が多いように思うとのことでした。職場としては、女性を受け入れることについて拒んではいないが、その職場を希望する女性が少ないという結果、男女比が偏ってしまうのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを聞いて色々考えました。確かに現実ではそうしたことは必ず起こるだろうと思います。女性がやりたいと思わない職に対して、男女比を等しくせよというのはまさに表面的な平等で、何でもかんでも割合が半分になるようにするのは馬鹿げたことです。

しかし、女性で上を目指そうとしない人が多いというのは、今の社会の形態が作り上げている現状です。キャリアを積んで、がっつり働こうと思っても、まず出産と子育てをいう壁が立ちはだかります。育休で何ヶ月も休んでいるうちにしっかり手厚いサポートをしてくれる職場であればまだしも、バリバリ出世コースに育休はかなりのダメージを与えるのではないでしょうか。

今の社会ではまだ家庭を持った生活と上を目指す仕事の両立が難しい状況が少なからずあって、自分が働こうと思ったときに両者を天秤にかけ、生活を選ぶ女性が多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性は、こうした現実をしっかりと見据えるのに長けている人が多いように思います。

年収はいくら以上でないと結婚はしないという基準を設けている女性が多いように、結婚願望がある女性は、自分が働く時点で、すでに将来設計を頭に描いている人がほとんどでしょう。

日本社会は不思議なことに、女性の社会進出を促そう!と言っている割りには、男性に育児や家事を任せていくというスタイルを推進する動きは少ないと思いませんか。

これでは女性の負担が増えていく一方なのではという話も聞いたことがあります。

そうした現状をわかっている女性は、賃金もあまりよくなくて苦しいけれども、安定した生活のために、いわゆる女性がよく就く職を選んでいる人も少なからずいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと女性が上を目指そうとしない限り、社会は変わらないと思っている男性もいると思いますが、よく考えてみてください。男性が女性よりも高い賃金で働けるという一面を持ったこの社会は、かなり長い年月をかけて形成されたもので、もう今働いている人が生まれたときにはすでに出来上がっていた社会の形です。例えるなら、流れの強い川に、女性は身一つなのに対して、男性は初めからボートが与えられているわけです。ボートに乗っている男性から「俺たちに追いつきたいなら追いついてこい」と言われても、男性と同じ土台すら与えられていないわけですから、どれだけ必死に泳いでも、どんどんしんどくなるばかりではないですか。現実の生活に追われながら、一から女性だけで土台を作ろうというのはかなり難しいということを、この現状が物語っていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

だらだら書いてしまいましたが、結局言いたいことは、女性の社会進出を促すのであれば、働く女性が生活や子育てと両立できそうだ、これならキャリアも上を目指せると思えるような土台がない限り、女性側も頑張ろうとは思えないということです。

今の現状で、どちらも両立しているという女性もいるかもしれませんが、全員がそうパワフルとは限りませんし、全員にパワフルになれというのはなかなか酷な話です。

男女平等な社会を目指すのであれば、表面的な平等ではなく、お互いがお互いの違いを知り、お互いのことをしっかり考えた上でバランスを整えていいく、実質的な平等が必要です(これ前にも書いた気がする...)。
この問題は本当に複雑なもので、一概には言えませんし、私の考えがまだ至らないところもあると思いますが、今回男性の話を聞いて思ったことをそのまま書きました。

私たちはこれから社会に出ていく身で、みんながこうした現状について疑問を持つようになれば、社会で蔓延している価値観を少しづつ変えていくことは決して不可能ではないと思います。今後もこの問題についてはじっくり議論を重ねていきたいです。

何かご意見などあれば、よろしくお願いします。

最後まで読んでくださりありがとうございました。