燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

飲み会

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近思うのですが、悲しいかな、私はどうやらみんなで「わいわい」お酒を飲む会にあまり向いていないようです。

少人数で集まってお酒をかわしながらいろんな話をするのは楽しくて好きなのですが、「わいわい」の空気感になかなか馴染めません。テンション高い人が苦手であるということではなく、自分がそのテンションについていけないことに申し訳なさを感じてしまい、私がこの場を盛り下げてしまっているのではないかという罪悪感に耐えれなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分はお酒があまり強くないので、酔うまで飲むことを進んでしません。なので比較的頭は冴えていますし、普段と同じように色々と考えてしまうので、うまくはしゃげないのかなと思います。

「今日は嫌なこと忘れてとりあえず飲もうよ!」という飲みでは、深い話などは求められていない訳で。場違いなことを言ったりしてその場が冷めてしまうのではないかという疑念にかられ、そうなるともう何を話したらいいかわからなくなり、黙るしかないという...

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に、はしゃいでストレスを発散させることが私は得意ではない(余計に疲れてしまう)ので、そもそも大人数の飲み会に不向きなタイプなんだなという結論にようやく至ることができました。

ゆっくり話せるタイプの飲みは好きなので、おそらく飲み会の目的が「飲むこと」なのか、「話すこと」なのかによってかなり変わってきます。

「飲むこと」を重視する飲み会について、これから付き合いとかで機会が増えてくることを想定して自分なりの対策を色々考え出したいところです...