燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

終わりを見据えて

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

あと1ヶ月で、2年間続けた飲食店のバイトをやめます。

これは3ヶ月前くらいから決めていたことなのですが、面白いことに、やめると決めてからの方が高いモチベーションで働けるということに気がつきました。

 

 

 

 

 

 

 

もう最後だから後悔しないようにと思って気が引き締まっているというか、自分ができる限りのことはここに残していこうと思えます。

単にバイトを続けている時よりも自分自身がとてもいい状態であることに少し驚き。

でも、これは人生そのものに当てはまることだなと感じました。

私は明日になったら死ぬかもしれない。

そんな怖いこと言わないでよ!とよく言われるのですが、その日のパフォーマンスを高めるためには日々終わりを意識していくことが何より有効だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

トランペットだって年取って歯が抜けたらもう吹くのはかなり難しいですから、逆算したら吹ける時間も限られてるわけで。

勉強だって、いつ脳の病気になるかわからないから時間がある今のうちにたくさんしておきたい。

毎日、明日死んでもいいと思えるような生き方をするのは難しいですが、何事も終わりを見据えて進んでいきたいですね。