燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

好きなことと仕事について

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

今回のご質問は、好きなことを仕事にするか、それとも仕事と好きなことは別にして、空いた時間で好きなことをやるか。

 

 

 

 

 

 

私はまだ社会人ではないので、理想論的になってしまうところもありますが、

今の私の考えでは、自分の興味のあることを仕事にしたいとは思っています。

仮に高い収入があっても、自分の関心が全くない仕事に時間を費やすなら、あまり稼げなくても自分のいいと思った時間の使い方をしたいです。

つまり、お金を稼ぐという目標だけでは、つまらない仕事には耐えきれない性格なんだと思っています。

お金を稼ぐのが目標の場合は、何かその先にやりたいことが合って、そのために短期的に集中して働くといったことはまだできると思いますが、そのつまらない仕事でキャリアを積みたいとはおそらく思わないでしょう。時は金なりですから、せっかく仕事をするんだったら、仕事をしながら自分の関心に沿ったレベルアップをしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

これは言い換えれば好きなことを仕事にするということになるかもしれませんが、自分の好きなことの中にも、これは趣味に止めておきたいというものもあるんです。

例えば、私は絵を描くことが好きですが、これを仕事にしたいとはあまり思いません。自分の好きな時に好きなものをかけるのが楽しいので、それが仕事になると、好きの度合いが少し減ってしまうような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

自分の好きなことを仕事にするということは、ある意味その分野の現実を見ることになります。好きなものを好きで終わらせるのが困難な状況が必ずあると思います。

自分の好きなことの中でも、そうした現実との照らし合わせに耐えれるものと、純粋に楽しみたいというものがありますよね。そのバランスを自分に合ったものに調節して行きながら、自分がやりがいを感じる仕事を見つけたいです。