燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

これまでの音楽遍歴と現在の音楽観

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの通り、今回は音楽遍歴と現在の音楽観とその関連性についてのご質問。

 

 

 

 

まず私の音楽遍歴を簡単に述べておきますと、ライブハウスにて初めて生の音楽に触れたのは0歳だそうです(もちろん記憶ない)。親の仕事の関係でよく連れていかれていたようで、周りに比べたら、小さい頃から音を浴びることが身に染み付いていたのかな〜と思います。家ではジャクソン5の「ABC」に合わせて踊ったりしていたそうです(もちろんこれも記憶ない)。

家庭環境もあり、ずっと音楽が身近にある生活を送っていたのですが、自分が本格的に楽器を触り始めたのは小学2年生の頃。ピアノを習いました。発表会が嫌すぎて4年間でやめてしまったのですが、ここで楽譜の読み方だったり、音楽の基本的なことを学べたことは今でも良かったと思っています。

 

 

 

 

 

 

そして、小学4年生の時に小学校にあった吹奏楽クラブでトランペットを吹き始めます。この頃は楽器の練習をすることが楽しすぎて、昼休みは友達と遊ばずに毎日練習していました。

これから9年間は吹奏楽を通して音楽に触れていくのですが、今考えれば、吹奏楽自体がめちゃくちゃ好きだったというよりは、楽器を吹く場所が欲しいというのが一番念頭にありましたね。合奏していても、心の何処かで常に「目立ってやる」という意識がありましたから、部活をやりながら本来は吹奏楽に不向きなタイプだという自覚は芽生え始めていたように思います。

 

 

 

 

 

 

吹奏楽だけにとどまりたくなかったので、高校の学園祭でバンド出演なんかも経験しました。担当はボーカルとギターでした。短期間の企画バンドだったので上達はしなかったのですが、楽しかったですし、かなり貴重な体験でした。友人と好きなロックバンドの音源を共有したりして、聴く音楽の幅も広がりました。この時にバンドをしていなかったら、今のロックに関する関心も少し薄れていたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

大学に行っても楽器は続けたいと思っていたので、次はもっと個人を高められるコンボのジャズをやってみようと決心。いまに至ります。高校生の時と違って、最近は同世代だけでなく上の世代の方々と色々な音楽の情報交換ができることが何より大きいです。

大学になって音楽を聴く時間も聴きたい範囲も一気に増えたと思います。

 

 

 

 

 

ということで、ざっくりと私の遍歴をたどってみたわけですが、これら全てが今の私の音楽観に結びついているのは間違いありません。

小さい頃からライブに親しんでいたことで、生演奏の素晴らしさを小さいながらに感じていたおかげで、現在でもライブに頻繁にいくきっかけになっているのだと思います。

そして、今一番関心があることとしては、音楽を通して人間を知るということ。

これが今の私の音楽観の大部分を占めています。

コンボ形式のジャズは個人のキャラクターがかなり色濃く出るジャンルなので、私の関心にかなりダイレクトに結びついています。この関心というものは、長年団体で音楽を作り上げるということをしてきた反動から生まれた結果だと思っていて、吹奏楽の9年間がなかったら、今こうしてジャズに熱中できていなかったと感じます。

 

 

 

 

 

また、ジャズだけにとどまらずいろんなジャンルを知りたいと思うようになったのは、両親が好きな洋楽が小さい頃から自分の体に染み付いているということ、吹奏楽でクラシックの曲を演奏したこと、バンドで邦ロックに触れたことなど、これまでの全ての音楽経験が私の中にタネを植えつけて、今その関心が花開いているような感覚です。

 

 

 

 

 

なんだかうまくまとまっていないですが、今回この質問をいただいてとても考えるいい機会になりました。ありがとうございます。まだ自分自身で気がついていないところもあると思うのですが、また新たな発見があったら書きたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!