燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

オリンピック

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

みなさん、オリンピック観てますか?

私はちらちらと見る程度なのですが、やはりスポーツしてる方は人間としてかっこいいですね~

自分のパフォーマンスの為に人より何倍も努力する姿、素敵すぎる。憧れちゃいます。

 

 

 

 

 

 

私個人としてはもちろん日本選手を応援していますが、他の国の選手のすごい瞬間も見たいんです。でもテレビではLIVE以外ではなかなか外国人選手は放映されません。これが少し残念。何か規定とかあるのかもしれませんが、対戦国だからといって、他国のプレーを褒め称えるということは何も悪いことではないし、むしろアスリートの方はそういう姿勢だと思います。

 

 

 

 

 

 

けれど、世論だったり、マスコミの方が敵対心むき出しで勝ち負けにとてもこだわるような雰囲気があるのかなーと思ったり。

だから日本人選手でも結果を出さなければ全然放映しないですよね。結果を出さなければ見る価値がないかのような扱い方に感じます。

 

 

 

 

 

 

選手が勝ち負けにこだわるのはもちろんわかりますし、それが選手たちの目標でもありますから理解ができます。

しかしそれを見ている私たちは結果にこだわるよりも、同じ日本人として選手を温かく応援するのがいいと思います。つまり、良くない結果をやいやい言うべきではないのではないでしょうか。

マスコミでも、「ガッカリした」とか心無いことを発信しているところがあるようですが、結果が出なかったことは、その選手本人が一番わかってることですし、選手たちは人生かけて日本の代表として頑張ってくれているんですよ。

私としては、どの選手にも、ありがとうございます、お疲れさまでしたという気持ちがあります。

 

 

 

 

 

 

こうして感じることは、やはり世論って表面的なんですよね。良いか悪いかはさておき。

メディアの報道にしても、それをそのまま受け入れるのではなく、その真意だったり、裏をしっかり考えていく必要があると思いました。