燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

ちやほや

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

私たち若者は、バイト先をはじめ、色んなところでちやほやされます。女性は特に、若さで価値が格段に違うので扱いがまるで異なります。今は失敗しても許されるし、中身が無くても若さがあれば周りの大人は構ってくれます。それほど若さって重宝されるわけです。

 

 

 

 

 

しかし、あと数年もすればそのちやほやも終わってしまいます。若さは期間限定なので。

漫画やドラマなどで、先輩の後輩いじめとかよくありますが、あれはまさに、若さに対する羨ましさからくるものだと思います。

さらに、これまで若さに頼ってきた人ほど、急に皆が自分より若い子に注目するようになってしまった状況をどうにもできなくなってしまうのです。若さと戦う武器が自分に備わっていないので、いじめることしか攻撃方法がわからないという心理状態かな?と推測しています(違う場合もあると思いますが)。

 

 

 

 

 

 

今若いうちはその特権をありがたく受け取っておきつつ、若さがなくなったときに備えて今から自分磨きが必要だと感じます。それは見た目の若作りではなく、知識だったり技術だったり人間力だったり。見た目が老いていくのは仕方がないことですので、その分中身を充実させて、人を惹き付けるような面白い人になりたいです。