燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

クリスマスソング

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

今日はクリスマスということで、私の毎年の楽しみであるクリスマスソングについて書こうかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃はサンタさんからのプレゼントを楽しみにしていたクリスマスですが、ここ最近はいろいろなところで流れるクリスマスソングに心踊るようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスソングって聴いているだけでハッピーになりませんか?

陰の要素が一切ないというか、100%ハッピーでできている曲が多くて、

シャンシャンと鳴る鈴の音で町中が華やかになりますし、こんなに明るくて希望に溢れた曲を思いつく作曲者の方々を大尊敬しています。

 

 

 

 

 

 

 

私が特にお気に入りのクリスマスソングは、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの”Happy Xmas (War Is Over)”です。

この曲を初めて聴いたときは泣きそうになりました。というか泣いたかもしれません。

一度聴いたら忘れられないメロディーライン、子供達の合唱、ギターのトレモロ...

そしてこの歌詞のメッセージ性(この歌詞に関しては戦争のことについて書いてあるので、100%ハッピーな歌詞とは言えませんが、希望に満ち溢れた曲です)。

これら全てが見事に融合して、心にすっと入ってくるんですよね〜。音楽って人の祈りとか願いを表現するのにはもってこいの方法だなと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

もう年末からは一気にお正月モードになってしまうので、しばらくクリスマスソングの出番がないのが残念ですが、また来年が楽しみだ〜!