燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

気長に行こう

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

自分はまだ周りから若いと言われる年齢なので、接する人はやはり年上の方が多いです。

バイトの作業や、哲学や、音楽など、色んな先輩に色んなことを教えてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

以前から私はすぐに結果を求めてしまいがちで、少し頑張って成果がでなければ落ち込むという性格でした。自分の周りに先輩がいると余計に、「自分はなんでこんなにもできないんだろう」といじけて、自分には才能がないからだとうじうじしてしまう始末。

 

 

 

 

 

 

 

しかし最近は、それは無駄なことだと思えるようになりました。なぜなら、あたりまえのことですが、先輩と私とではもともと経験年数が全然違うからです。

今考えると、自分はなに偉そうに先輩と同じ土台に立って自分と比較しようとしてたんだ…と反省なのですが。

 

 

 

 

 

 

確かに、年数が経てば上達してるだろうと思って時間に甘えるのもよくないですが、まだぺーぺーの段階で自分の可能性を潰すのは早すぎるなと思いました。

なので、近頃は自分によく言い聞かせています。

「我よ、あせらず気長に行こうぜ」