燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

AIと音楽

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

最近話題となっているAI。今人間がしている仕事をAIが奪っていき、人間をどんどん駆逐していくのではないかという話もよく聞きます。

 

 

 

 

 

 

これは音楽の世界でも無関係な話ではなく、実際に作曲のコンクールでAIが作った曲が高い評価を得たという事実があるようです。そうなると、AIが音楽家になる日も遠くはないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

しかし私は、ミュージシャンという仕事を、AIに譲ることはできないと思うのです。

というか、譲ってはいけません。

 

 

 

 

 

 

心にグッとくる演奏というのは、間違いなくその人の人間性や人生が音から伝わってくると私は思っています。その人間性だったり、その人の人生そのものをデータ化することなんてできないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

けれども、AIはどこまで勢いを増してくるかわかりません。私たちの想像を越えることをしてくる可能性が十分にあるのです。

そうなったとき、試されるのが音楽を聴く私たちの人間の感性です。

つまり、「何とも言えない感動」ができるか、そしてその感動をよいものだとして評価 

 できるかどうかにかかっています。

 

 

 

 

 

 

 

今こそ私たちがもつ人間独自の感性を大切にする時なのではないでしょうか。

AIに取って代わられる分野があるのは確実とわかっているならば、私たちはもっと危機感をもって、人間にしかできないことを磨いていくべきです。

データ化できない感性で、AIと勝負していくことがこれから大切になってくると私は思います。