燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

たこ焼きとご飯

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

昨日のお昼ご飯にたこ焼きを食べました。なのでたこ焼きにちなんだ話を。

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんはたこ焼きを何と捉えていますか?主食でしょうか。おかずでしょうか。

いや、おやつでしょうか。

 

 

 

 

 

 

この捉え方がかなり地域や家庭によって異なるのがとても面白いなと以前から思っていました。関西出身の方はたこ焼きの扱いがとても柔軟な方が多いですが、関西出身ではない私自身はたこ焼きは絶対に主食だと信じています。

つまり、「ご飯との併用不可」です。

 

 

 

 

 

 

何故なのか?答えるのは簡単です。

 

 

 

 

 

たこ焼きは炭水化物だからです!!!

 

 

 

 

炭水化物with炭水化物=炭水化物

言ってしまえば、ご飯のおかずにパン食べてるのと同じ感覚な訳です。

みなさんはご飯withパンしますか?おそらく多くの人がしないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひと昔まえに流行ったアニメ「けいおん!」に出てくる曲で、「ごはんはおかず」という曲があるのですが(とても可愛い曲なのでぜひ聴いてみてください)、この歌詞は、「何にでも合うご飯は主食ではなくむしろおかずなのではないか」という食品界にコペルニクス的転回をもたらしています。

そのようにご飯は主食ではないという観点にたてばたこ焼きとご飯もありなのかもしれませんが...