燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

電車の中での化粧

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

外国の方が日本に来て驚くことの上位としてよく知られている、電車内でのお化粧。

本当によく見かけますよね。

リップ塗るくらいならまだしも、ファンデーションから堂々と塗り始める人もいて、日本人の私もさすがに驚きます。

 

 

 

 

 

 

 

朝早くて化粧する時間がなかったという理由が大半なのでしょうが、すっぴんを見られるのと、化粧して化けていく過程を見せるのとでは、後者の方がよっぽど恥ずかしくないでしょうか、と個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

 

また、女性が車内で化粧している姿を見て気分を悪くし、怒り出す男性もいるようです。

なぜ気分が悪くなるのかと考えて見たとき、化粧をきちんとしてから外に出るのが礼儀だとか、色々理由はあると思うのですが、一つ考えられるものとして「自分は風景の一部としか見られていない感」というのがあると思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

お化粧は、自分を綺麗に見せるためにするもの。その前提として、通常では自分を綺麗に見せたい相手がいるということになります。それは、完成した状態で相手に見せるのが通常であって、その過程を見せないために、化粧室などが設置されていますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

こう考えると、電車内などでその過程を見せられているおじさんの気持ちとしては、

「その女性にとって、自分は綺麗な姿を見せたいという対象にすらなっておらず、いわゆる風景同然のどうでもいい存在として扱われているのではないか」

という気持ちがどこかで発生し、それが怒りに変わっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

あくまでこれは私の予想なので、実際にこうした心理状態になっているのかどうかはわからないのですが、これまで考えて来た中ではこの説が(私の中では)有力です。

みなさんはこの件についてどう考えますか?