燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

こたつ

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

寒さも次第に本格的になってきて、もう部屋にこたつを出したという話をちらほら耳にします。

冬になればこたつの中でこもって過ごすという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

実は、私は生まれてから我が家のリビングにこたつが置いてあるのを見たことがありません。おそらくこたつ自体を所有していません。

なので、こたつがある生活を一度も経験したことがないのです。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ買いに行けばいいではないかという声が聞こえてきそうですが、話によると、父親が大のこたつ好きで、こたつが置いてあったらそこから動かなくなるので、あえて置いてないらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

こたつがある家庭の子からは、こたつは人間をダメにするからない方がいいという意見も聞きますが、そもそもこたつに入ってダラダラする感覚があまり想像できないので、どんなものなのか、とても興味があります。

 

 

 

 

 

 

 

私は冬より断然夏派で、その理由の一つに、冬でよかったと思えることが皆無に近いということです。でもきっとこたつの中では、冬っていいな〜と感じられるんだろうな...

とますますこたつへの憧れが強くなっていく今日このごろです。