燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

「燦太郎」の由来

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、これまで話してこなかった、「燦太郎」という名前の由来について少しお話してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、「燦太郎(さんたろう)」は私の本名ではなく、ペンネームです。

「太郎」の部分はなんとなく響きというか、呼びやすいし覚えてもらいやすいと思って軽い気持ちでつけたのですが、「燦」の方にはちゃんと理由があります。

 

 

 

 

 

 

 

実は、「燦」は私の本名になるかもしれなかった漢字、つまり私の名前の候補に挙がっていたものなんです。両親に聞くところによると、今の私の本名と、「燦」との二択だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

その話を聞いた時に、もし「燦」だったら自分の人生どうなっていただろう?今と何か変わっていただろうか...と考えました。

色々考えているうちに、「燦」が自分だけど自分ではないような、現実には存在しない第二の自分に感じられてきたのです。

 

 

 

 

 

 

 

それからは、「燦」という字は私にとって特別な漢字になっていて、ペンネームを作る時にもこの字を使いたいと思ったのが「燦太郎」の由来となっているんですね〜

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「燦」という漢字の意味は、「鮮やかに輝くさま」です。

書いている文章の内容的にあまり鮮やかさは感じられないんですけれども、まあそういうギャップもあるということで。

 

 

 

 

 

自分としては割と気に入っているこのペンネーム。いつまで使うかわかりませんが、少しでもみなさんの印象に残ってくれれば、とても嬉しく思います。