燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

MAROON5 IT WON'T BE SOON BEFORE LONG CDレビュー#19

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

ひっさしぶりのCDレビュー。今日はジャズではなくpopsをご紹介。

アメリカで大人気のグループ、マルーン5の2ndアルバムです。

 

 

 

                     f:id:ushfskda6485-sshdajoji:20171106235320j:plain

 

 

 

グラミー賞最優秀新人賞をはじめとし、日本でも若者を中心に注目を集め続ける彼らを初めて知ったのは、友人に見せてもらったMVがきっかけでした(”Suger”という曲のMVです。友人は、こんな結婚式に憧れると言っていました。気になる方はぜひ一度見てみてください)。

 

 

 

 

 

 

 

マルーン5の楽曲はロックとダンスミュージックのビートを中心に、様々な音楽の要素が実にキャッチーな形で融合されています。耳馴染みの良さからか、このアルバムの5曲目(won't go home without you)は日本の車のcm曲にも起用されていますね。

 

 

 

 

 

 

 

個人的には10曲目の「kiwi」がお気に入り。ブラスロック大好き人間の私は、後半から入ってくるブラスセクションについつい惹かれてしまいました。曲の構成も風変わりで、ギターのソロでそのまま曲が終わるというもの(普通だったら、歌→盛り上げ役でギターソロ→最高潮のサビ歌をもう一度!という流れが多いのですが)。

 

 

 

 

 

 

普段圧倒的にジャズばっかり聴いているのですが、ロックだったり、ポップスの研究もとても面白いです。私は音楽だったらなんでも聴いてみたいというタイプなので、これからも気が向いた時にお気に入りの音楽を紹介していきたいと思います。