燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

ビラ配り

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

今日はバイトの手伝いでビラ配りをしたのですが、これが思ったよりも楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめのうちは、素通りされたりして精神的にショックを受けるのですが、慣れてくるとだんだん自分が強くなっていくのを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

そして何と言っても通りすがりの人の様子をじっと観察できるのが面白いんです。

バイトの先輩に、ビラを渡す時はターゲットの人がこちらにやってくる少し前からその人をじっと見ていると受け取ってもらいやすくなるとアドバイスをもらい、実践してみました。確かに直前でパッと渡すよりは、しっかり準備して狙いを定めてから渡した方がもらってくれるような気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

その見ている間ってかなりいろんな情報が入手できます。どういうことかというと、こちらが狙いを定めているとわかった時に取る行動が人によってバラバラで、目を合わせないためにスマホを取り出す人がいたり、興味を持って受け取るのを決めてくれているかのようにこちらを見返してくれる人もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの数十秒なのですが、周囲の人をじっとみることって電車の中でもできないですよね。なので、今日の人間観察は経験としてとても新鮮でした。

全く知らない人から何かわからないものを渡されるのって、生物の本能的にはきっと警戒しなくてはいけないことになっているはず。そこをどうやって乗り越えていくかという工夫を考えてみるのは大変面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

たかがビラ配り、されどビラ配り。どんなことでも視点を切り替えて楽しくしていきたいものです。