燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

友達が少ない

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

今日のタイトルからしてネガキャン感がぷんぷん漂っていますが、本当のことなんです。

私は通常に比べて友達が少ない方です。

 

 

 

 

 

 

 

(こんなブログ書いてるくらいだからそうだろうとお察しの方は鋭いですね…)

 

 

 

 

 

 

友達が少ないって、世間一般的にはとてもネガティブなイメージです。友達が少ないのは可哀想という。

確かに友好関係が広い方が得なことが多いですが、それと引き換えにかなりのエネルギーを消費します。色んな気遣いだったり、同調だったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそこらへんに関してかなり省エネしていて、特段寂しさとかも感じない(むしろ1人を楽しめる)タイプの人間なので、友達が少ないということに何の苦労もなくここまできてしまいました。

 

 

 

 

 

 

なので、友達の多さよりも質重視派です。

友達50人いるより、5人の人と深い話ができたらいいなという考え方。

それでもって、無理に新しい友達を積極的に作りにはいかないのがまた効いています。

本当に自分にとって大切な人は、なにがあっても友達に自然となれるだろうという運命論信者なので、自分からはあまりがつがついきません。

 

 

 

 

 

この持論は今のところ揺らぎそうにないのですが、その一方で、自分の見ている世界が狭いのかなぁとも思ったり。今はもっと色んな人と知り合って、広い考え方を身につける時期なんじゃないかという気もしています。

 

 

 

 

 

とりあえず、自分の周りに高い壁を作らず、来るもの拒まずチャレンジをしてみようか…