燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

秋服

 

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

 

街のいたるところが秋色に染まってきましたね。木々が少しずつ紅葉していたり、少しうっすらとした青空だったり...

そんな中でも特に秋を感じるのは街ゆく人の秋服。少し重めのコートが登場してきたかと思えば、コツコツとブーツの歩く音が聞こえてきたりして、人々がすっかり秋模様。

 

 

 

 

 

 

 

そんな秋服が私は大好きです。特に秋服の色が好きです。

茶色や紫、モスグリーンからテラコッタまで。華やかさはあまりないかもしれないけれど、なんだか見ているだけでほっこりして、安心感がある色に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋服は少しフォーマルな雰囲気が漂っているところも素敵なポイント。ジャケットやベスト、トレンチコートなど、かっちりしていて品があるアイテムが勢ぞろいしていますよね。冬服になると防寒が重視されるので、ダウンジャケットだったり、全体的にごわごわあったかい服が多くなってしまい、シュッとした美しさが少し減ってしまうんです。このスタイリッシュかつ温もりがあるのはやはり秋服が一番。

 

 

 

 

 

 

 

 

季節によってファッションを楽しめるのはもちろんですが、ファッションによって季節も楽しめるんだなーということに最近気づきました。秋ってあっという間に過ぎてしまうのが残念ですが、今この時期しか楽しめない服を見てかつ着て、堪能したいと思っています。