燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

自由とは

 

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

最近大学の講義で、自由について勉強しています。

みなさんは自由という言葉について、どういうイメージを持つでしょうか。

 

 

 

 

 

我々はどういった状態を自由と感じるのか、そもそも自由とは何なのか、自由は存在するのか...とこれは掘り下げていったら大変難しい問題なんです。

自由についても考えるトピックがたくさんある中、私は「他行為可能性」について学んでいます。

 

 

 

 

 

 

「他行為可能性」というのは、簡単に言えば、行動の選択肢があるかどうか、ということです。例えばフードコートに行ってたくさんのお店が並んでいる状態。お店がたくさんあればあるほど、「他行為可能性」が多くなります。

 

 

 

 

 

 

 

自由を定義する際に、この「他行為可能性」がなければ自由ではないとする立場、すなわち、複数の選択肢から自分の好きなものを選べることが自由とする立場があります。逆に言えば、選択肢がない=自由ではないという考え方であるとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

しかし一方で、たとえ選択肢が一つに限られていたとしても、自分の意志に沿って行動できていればそれを自由と呼んでも良いとする立場もあります。どういうことかというと、フードコートの例で言えば、仮にうどんが食べたいと思っていて、フードコートに行ってみるとうどん屋しかやってなかった。この場合、うどん屋以外の店はすべて閉まっているので、いろんな食べ物の選択肢は排除されています。けれど元からうどんを食べたいと思っていたのだから、何の不自由さを感じることもありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしたように、自由は自分の意思通りに動くことができれば、他行為可能性を必要としないという考えもあります(私は今の所、後者の意見に賛同しています)。

いい概念として私たちに定着している自由という言葉は、実はとても奥が深いんですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

また、そもそも自由はなく、私たちの行動は全て元から決められているとする「決定論」という考え方もあります。その論だと、今自分がこうしてブログを書いていることもすでに何者か(多くは神)にプログラミングされた行動であり、私はただただそれに従って動いているだけだと主張します。

そんな話は信じられない!と思う方も多いと思うのですが、これを完全に否定する根拠を明らかにすることはかなり難しいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ今勉強中なので、これから意見が変わっていく可能性も十分に考えられますが、とりあえず現段階で思っていることは、

自分の意思に従って行動できれば、他行為可能性がなくとも自由ということです。

これに対してもたくさん反論が生じていると思うので、さらに詳しく勉強を進めていきたいです。