燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

中身のある人間に

 

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

年齢を重ねるごとに強く思うようになるのですが、だんだん「若い」という言葉が通用しなくなってきて、今まで若さに頼ってきた分、自分を磨いていかなければならないことが多くなってきました。

 

 

 

 

 

徐々に責任を持つことが増えてきて、失敗も許されなくなってきますし、しっかり人間としての中身を充実させる意識が必要だということをひしひしと感じます。

これから社会に出て行くにあたって、いろんな場面で勝負していかなければならないこともなんとなくわかってきて、最近はそのことを考えるたび不安が大きくなっていく日々です。何か表面的なことばかりを追っていて、結果自分の武器になるものを何も得られていないんじゃないか。自分にあった戦い方ってなんだろう。考えすぎてかなり苦しくなる時もあります。

 

 

 

 

 

けれど、自分を支えてくれている人がいる限り、その感謝の意も込めて、頑張ろうと思います。今ここで植えた種がいつ花を咲かせるかはわかりませんが、植えなければ咲きませんから、現段階からしっかり育てていくことが大切。そして、まだ若いから大丈夫ではもう手遅れになってしまうので、今のこの時期から貪欲にいろんなことを吸収して自分のものにしていくことも大切。

 

 

 

 

 

 

いい歳して中身の薄っぺらい人間になるのは本望ではありません。人間として中身が充実するためにも、また明日から探求の精神を忘れずにいろんなことを学び、実践していきたいと思います。