燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

運命

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

皆さんは「運命」って信じますか?

 

 

 

 

 

私の答えは「Yes」です。これまで生きてきて、これは必然的だろうと思う出来事に何回か遭遇しているので、強い確信はありませんが、運命はあると考えています。

運命を信じない友人に話を聞いたところ、人間は偶然の産物であり、起こることの全ては確率で説明できるのではないかとのこと。

 

 

 

 

 

うーん、確かに科学的に運命って証明が難しいでしょうし、全ての出来事を確率計算で算出することもできないことはないと思うので、その考え方にも一理あると思います。

 

 

 

 

 

けれど、運命を信じることで多少気が楽になることもあるのではないでしょうか。

全てを確率で考えていった場合、物事の全ての原因が自分に降りかかってきます。「自分があの時こう動いていれば確率は逆転したのに...」と考え始めると、一瞬足りとも気が抜けませんよね。確かに、自分の行いが自身の今後を左右することは十分に考えられますが、全てのことにそう思っていては身が持ちません。

 

 

 

 

 

 

 

現状が自分が想像していた人生とは大きくかけ離れていたとしても、「これが自分の運命なのかもしれない」と思ったら前向きになれることもあると思います。物事を受け入れやすくなるといった方がわかりやすいかもしれません。物事を受け入れるのと、何かを諦めることはかなり近似しているように思えるのでそこらへんは注意が必要ですが...

 

 

 

 

 

 

 

自分の運命をどう捉えるのかというさじ加減は本当に難しいと思います。運命に絶望してしまうのか、プラス方向に捉えて自分の推進力に変えるのか、はたまた全く信じないのか。深く考えてみると面白い問題ですね〜