燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

「Shai Maestro Trio@京都ルクラブ」ライブレポート#9

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

今日は京都ルクラブで行われたシャイ・マエストロ・トリオのライブに行って来ました。

シャイ・マエストロはもともと大好きなピアニストだったので、早く会いたい!と今日を待ちわびていました。

 

 

 

 

京都ルクラブには初めて行ったのですが、ミュージシャンとの距離も近くて素敵なところでした。オルガンが置いてあって、まだジャズで生オルガン聴いたことがないので、また聴きに来たいです。

 

 

 

 

彼らの演奏が始まると、もう一瞬にしてその世界に引き込まれました。これまで聴いてきたライブで、ダントツに引き込んでくる力が強かったです。それは彼らが音楽を作り上げると同時に、彼ら自身もその世界にどっぷりと浸かっていることで、とてつもない吸引力が発生していた…というのでしょうか。初めての感覚でうまく表現できないのですが…

 

 

 

 

 

このライブで、これが本物のインプロビゼーションなんだと知って、圧倒されました。3人ともがすごい技術の持ち主で、自由に演奏ができるというような表現では足りない、すべての音やリズムを見事に自在に「操って」いました。

もとから決めてたのではないか?と思うほど息のあった3人のプレイと、音楽がどう進んでいくのか全く読めない緊張感が最高に聴く者を興奮させてくれました。

 

 

 

 

 

昨日とは全然雰囲気の違ったライブで、両日ともに本当に素晴らしかったです。

今日でますますシャイのファンになってしまいました。まだ聴いたことがない方、おすすめなのでぜひ聴いてみてください!また彼のアルバムについてもレビュー書こうと思っています。