燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

ジャケ買い

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

私は普段どういう手段で音楽を聴いているかと言いますと、主にはストリーミングサービス(月額〜円払えば音楽聴き放題というサービス)を利用しています。後はYou Tubeと、音質にこだわるものであればCDという感じです。

 

 

 

 

もともとコレクター気質というのもあり、今はCDを集めることが楽しみの一つになりつつあるのですが、その買い方が今と昔ではだいぶ違うのではないかと思います。

私の周りの人でも、CDを買う人は少数派です。一部の新譜以外はほとんどインターネット上で聴くことができますし、何せCDは若者にとってはそれなりにいいお値段なわけです。なので、我々の世代では、CDを買うにあたってもまずしっかり調べて(事前に聴けるものは聴いて)、確実に無駄なく買うことができるようにする人が多く、私もその中の一人です。

 

 

 

 

 

しかし、上の世代の人からはジャケ買いの話を聞きます。当然、事前に聴く手段がなく、音楽を聴くのもレコードかCD、あとはラジオという時代ですから、ジャケ買いが当たり前のように浸透していたことは納得です。

今の時代の若者からは、買ってみて失敗するのはお金の無駄という声が聞こえてきそうですが、個人的にはジャケ買いが全くの無駄とは言えないと思います。

 

 

 

 

むしろ、ジャケットと出演アーティストだけをみてどんなサウンドかを想像したり、イメージを膨らませることって逆に今の私たちに欠けていることの一つだと思います。

情報が先行する時代、確実な情報なしには動けなくなっている人が多くなっているように思います。自分の想像力や直感を信じることができなくなっているだけでなく、想像力や直感を働かせることをしないで情報だけを頼りにしている人も増えていると感じます。

 

 

 

 

もちろん確実な情報を得られた方が無駄はないと思いますが、どんな音楽かわからないというCDをプレーヤーにかけた時のドキドキ感だったり、自分の想像を超えた音楽に出会った時の興奮だったり、そういった感情に対する価値が下がってきてしまっているのは悲しく思います。効率が悪いだけで何事も無駄と切り捨ててしまったら、本当に大切なことも一緒に捨ててしまうかもしれません。

 

 

 

 

私も景気良くCDを大人買いできるほどの余裕はありませんが、こういう考えに至ってからは、できそうな時は思い切ってジャケ買いに挑戦してみようと思っています。