燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

ライブレポート#6

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

今日は梅田Always「裏ジャズパ」に潜入してきました。

「裏ジャズパ」とは、10月に行われる関西最大級のジャズコンボイベントである「Jazz Party 2017」に出演する大学生バンドが、地域ごと(大阪・神戸・京都)に分かれてミニライブをするという企画。

 

 

 

 

今日は大阪編ということで、4つの大学がそれぞれの力を見せつけてくれました。興味深いことに、大学ごとに演奏も含め雰囲気が全然違っていて、大学が違うだけでこうも分類されるのか...と感じました。

 

 

 

 

大学生の演奏を聴いていて面白いのは、それぞれの演奏に個人の好みのプレイスタイルが如実に現れてくるところです。プロの方ももちろん個性があるのですが、いろんなプレイヤーを聴いたり、コピーしたり、様々な技術を身につけるという過程があってのものです。しかし大学生になると、好きなプレイヤーに対する一途さが垣間見える時が多々あります。ソロのときでも「きっと〇〇が好きなのだろうなぁ〜」と思わせる弾き方だったり、音使いがあって、その熱い気持ちにグッときてしまいます。

 

 

 

 

 

同じ世代の人たちがステージで演奏しているのを見て、私も負けてられないと思いましたし、とてもいい刺激になりました。明日からまた練習頑張るぞ〜!