燦太郎の日記

思ったこと、感じたこと、考えていることを自由に書いています

Night Zoo in 天王寺動物園

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

今日は以前から気になっていた「ナイト・ズー」に行ってきました。普段よりも閉館時間を延長して、動物たちの夜の様子を見ることができるというもの。とても人気のあるイベントなので、ものすごい人で溢れかえっているのでは?と心配していましたが、思ったよりもちゃんと動物たちを見ることができて大満足でした。

 

 

 

やはり動物を間近で見ると、生き物は本当に面白いと改めて思います。姿かたちは全然違っても、私たち人間と同じように生きているんですよね。とても感慨深いです。

近頃は動物園の存在について議論がなされていますが、様々な動物を実際に見ることで生命の多様性を感じることができますし、私たちは共生しているんだということを強く再認識させてくれる貴重な学びの場が動物園だと思います。

 

 

 

 

さて、ナイト・ズーについてですが、やはり昼間に見るよりも活発な動物が多かった気がします。特に閉館間近の時間帯になってくると、ジャガーやオオカミ、アシカなどが活動的になっていました。特にすごかったのはキリン。以前天王寺動物園に来た時は狭い部屋に入っていたのですが、今回は長い足を使って悠々と歩く姿がとても美しかったです。

 

 

 

 

少し残念に思ったことは入場客のカメラのフラッシュでしょうか。場内アナウンスではフラッシュを控えるようにお願いされていたのですが、普段見ることができない動物たちの姿に多くの人がカメラを向けていました。動物たちも普段より長い間人に見られ続けている上に、カメラのフラッシュが頻繁に飛んで来たらとてもストレスになるに違いありません。せっかく夜の姿を見させてもらっているのだから、こちらも動物たちに配慮するべきではないかと思いました。

 

 

 

色々なことを考えさせてくれる「ナイト・ズー」おすすめです。気になる方はぜひ行って見てください。