燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

共通言語としての音楽

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

今日はプロのプレイヤーの方とセッションするという貴重な経験をさせてもらいました。

身近にプロの音を感じることができてとてもうれしかったと同時に、もっと練習頑張ろうと気合いも入り、本当に充実した時間でした。

 

 

 

 

世代は違えど、音楽をやっているだけでこんなに同じ空間を共有できるって改めてすごいとこだと感じましたし、やはり音楽は素晴らしい共通言語です。

 

 

 

 

普段言葉にできない気持ちを音楽にぶつけたり、伝えたい思いを音楽にのせてみたり。コミュニケーションのツールとして見ても、非常に優れていると思います。

 

 

 

 

ただ技術を高めるだけが音楽じゃありません。そこにある人間の思いこそ本当に大事なものなんだと思います。