燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

お祭り

 

 

 どうも。燦太郎です。

 

今日は駅のあちこちで浴衣姿の人を見ました。どうやらお祭りがあったようです(確か天神祭だったような...)。浴衣姿っていいですよね〜。女の子は特に、いつもより数倍増しで可愛く見える気がします。

 

 

 

さて、今日はお祭りについてゆるゆる書きたいと思います。お祭りって人間を惑わせる何か魔力的な力があると思うんです(オカルトとかじゃありません)。人混みがすごいとわかっているのに、お祭りだったら進んでいきたいと思う人が多いし、屋台に並ぶ食べ物だって普段だったら絶対買わないのに、お祭りになると途端に美味しそうに見えますよね。

 

 

 

日本の祭りだけでなく、世界にあるいろんなお祭りを考えてみてもそうです。大量のトマトを人間同士がぶつけ合う祭りとかありますが、どう考えてもクレイジー。祭りの魔力にやられているとしか思えません笑

逆に、クレイジーになっても許される場所としてお祭りがあるのかな?と考えたり。

 

 

 

 

けれど、それだけお祭りには人を引き寄せる魅力があるということなんでしょう。お祭りの何が人をそうさせるのかについてはもっと考えていけそうです。そういう私は実はあまりお祭りにいきません。私の人混み嫌いはお祭りの魔力に勝っています。しかしこの謎を解き明かすためにも、久々にお祭りに足を運ぼうかと迷っている燦太郎でした。