燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

料理

 

 

 どうも。燦太郎です。

 

またまた私のバイト先で感じたことを一つ。

私の働く飲食店はバイキング形式になっているのが売りで、お客さんもそれを楽しみにきてくれています。

 

 

バイキングって本当に夢のような食事のシステムですよね。目の前にあるものを自由に好きなだけ食べていいってかなり贅沢している気分になります。しかし、その食べ放題で陥りやすいのが、取りすぎで料理を残してしまうこと。私も欲張った結果、お腹いっぱいになってしまうことがあるのですが、実際に店で働き始めてからはなるべく残さないようにと心がけるようにしています。

 

 

 

店で働いている側は、裏でその料理を作っている人の姿を見ています。その料理ができるまで、キッチンの方がどれほど手間暇かけて作っているかを知っているのです。丹精込めて作った料理が、一口も食べられることなくお客さんが去った後の席に残っていることほど心痛むことはありません。

 

 

 

料理について、ただ空腹を満たすだけだと思っていると他の動物と同じです。私たちは料理された裏にある料理人の工夫やこだわりを感じることができます。どんな思いでこの料理を作ったのか、と感じ考えることでより美味しく感じられるのではないでしょうか。

 

 

 

また、逆にこちらが料理を完食することで、料理人に美味しかったという気持ちを伝えることもできます。ただ食べるだけでなく、こうした料理を介した伝えあいがもっと増えたらいいなと思うのです。