燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

CDレビュー#11

 

 

 どうも。燦太郎です。

 

今回のレビューではJohn Mcneil”Look to the Sky”をご紹介します。

 

 

             f:id:ushfskda6485-sshdajoji:20170717220828j:plain

 

 

このアルバムはなんといってもトランペットがツーフロントを務めるという、私にとってはかなり嬉しい作品です。しかもジョン・マクニールと私の大好きなトム・ハレルの夢の共演。初めてこの作品の存在を知った時は興奮して、見つけて即聴きました。

 

 

 

 

フロントがその二人だけなので、全体を通して終始トランペットです(当たり前のことですが)。同じ楽器が共にフロントをする曲を聴いていて楽しいのは、各奏者の個性がより際立って聴こえるところ。同じ条件のもとで両者の比較ができるので、さらに具体的な違いや良さを見出すことができます。

 

 

 

 

 

この作品で改めてトム・ハレルの音の良さを実感しました(ジョンが下手ということではなく、個人的な好き嫌いの問題です)。本当に音にブレがなく、安定感がすごいです。比べると本当によくわかります。

 

 

 

同じ楽器同士の共演はかなりそのアーティストの分析に役立つのでおすすめです!