燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

模様替え

 

 

  どうも。燦太郎です。

 

かなり暑くなってきましたね。私の部屋もすっかり夏仕様です。

皆さんはどれくらいの頻度で部屋を模様替えしますか?

 

 

 

私は年に二回は必ずします。もちろん、夏仕様と冬仕様です。私の部屋にはクーラーがないので、季節によってベッドの位置を変えなければいけないのです(窓の位置に即して)。普通に考えたら年に二回も模様替えって面倒くさそうに思いますが、私はこの状況を逆に楽しんでいます。

 

 

「部屋の乱れは心の乱れ」と言いますが、まさにその通りだと思います。自分が部屋を片付ける精神的余裕がなければ部屋はどんどん汚くなっていくのを私は常に実感しています(常に部屋が綺麗な人が精神的に安定していると言い切ることはできませんが)。

部屋と心が連動しているので、部屋を見て自分の状態に気づくことも多々ありますし、私にとって自分の部屋は心の鏡です。

 

 

 

部屋を模様替えすると、空間そのものの空気が変わり、気持ちもリフレッシュされます。家具の移動などは力仕事で決して楽ではありませんが、終わった時の達成感は爽快ですし、何か新しいことに挑戦したくなります。

 

 

 

また、自分の部屋は自分だけの空間です。うまく部屋を作れたら、好きなものに囲まれて毎日過ごすことができます。好きな空間で過ごすことで、ポジティブに楽しく日々を過ごせるのではないでしょうか。

 

 

 

模様替えには多少の時間と労力、時にはお金がかかることがありますが、その後の自分の生活の質が向上すると思えば、思い切って力を注いでみるのもいいと思います。

精神的に行き詰まった時こそ、模様替えがおすすめです!