燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

距離感

 

 

  どうも。燦太郎です。

 

とうとう本格的に梅雨入りしましたね。ジメジメは苦手ですが、なんとか頑張っていこうと思います。

 

 

 

さて、今日のテーマは「距離感」。特に、自分の好きなものに対しての距離感について書こうかなと。

人間やはり好きなことばかりやっていたいし、それ以外のことは気にかけたくないと思うのではないでしょうか。私もどちらかといえば猪突猛進タイプで、好きになったら一点集中型なのですが、好きだからこそ距離感を調節することが大切なのではないかと最近思いました。

 

 

 

というのも、私は小学生の時からトランペットを吹いていて、今では楽器が人生の相棒のような存在になっています。しかし、こんなに好きな楽器と一年ほど離れた時期がありました。嫌いになったとかではなく、吹けない状況が続いてしまったのが原因ですが、離れてみるといろんなことがわかった気がします。この一年間、ずっと心に穴が空いたというのでしょうか、精神的な満足感がほとんど得られませんでした。その原因が楽器と距離を置いているからだとわかった時、自分にとってその存在は本当に大切だと気づきましたし、そのブランクがあったからこそ、今こんなにも音楽に夢中になっていると思います。

 

 

 

 

これは人間関係にも当てはまることで、いつもと違う人と会ったり話したりすると、自分の好きな人や尊敬する人の良さがさらにわかりますし、なんで好きなのかということが見えてきたりします。ずっと同じ人とばかりいるよりも、いろんな人と接した方が、

その人の好きな部分がより色濃く見えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

こんな風に書いてみたものの、私自身一点に集中しやすいので、今書いたことを自分にもしっかり言い聞かせて視野を広げていきたいと思います。