燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

CDレビュー#5

 

 

  どうも。燦太郎です。

 

今回はCDレビュー第5弾。紹介するのはDuke Jordanの”FLIGHT TO DENMARK”です。

 

 

                f:id:ushfskda6485-sshdajoji:20170615001510j:plain

 

これは私の母のお気に入りのアルバムで、勧められたので聴いてみると、なんとも素敵なアルバムでした。リーダーのデューク・ジョーダン(Pf)はあのクリフォード・ブラウンのテイクで有名な”JORDU”の作曲者です。彼の演奏の特徴は、コードを弾く左手でリズム感を出さない、つまりほとんどの和音を表拍で引いているのです。裏拍を意識するのがジャズの基本だと言いますが、そうではなくてもジャズになっている彼のピアノは本当にすごいです。

 

 

私は一曲目の”NO PROBLEM”と、最後の”JORDU”が特に好きです。少し控えめなかっこよさというのでしょうか、彼の曲には品があると思いました。

夜中に何か作業をしている時に聴きたい...そんな一枚です。

ぜひ聴いてみてください!