燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

初心に立ち返れ

 

 

 どうも。燦太郎です。

このブログを初めて2週間ほど経ちました。読んでくださっている方、本当にありがとうございます。まだ2週間ですが、されど2週間。多くの人に読んでいただくためにも、一日一日前進していきたいと思います。

 

 

さて、今日は「初心に立ち返れ」ということで、これは何をする上でもよく言われる言葉です。けれどもなぜ初心に立ち返るのが重要なのでしょうか。私なりに考えてみました。

 

 

ズバリ、これは「形骸化の防止」につながるのではないかというのが私の見解です(もちろんその他にもいろいろな理由があると思いますが...)。私の場合だと、ジャズに初めて取り組んだ時、「かっこよく吹けるようになりたい」と強く思った記憶があります。その目標に向かって筋道を描き、練習に取り組むのですが、人間、気持ちの変化は起こるもの。必死に練習しているうちに、「練習そのもの」に重点が置かれてしまい、なんのために練習でもがいているのかがわからなくなって嫌になってしまうことがあります。「練習すること」にとらわれて、肝心の目標に霧がかかるのです。しかしゴールが見えていないのにうまく前に進むことはできません。ここで初心に立ち返ることで、常に目標を見据えての行動が取れるようになるのです。

 

 

あれもこれもやらなくてはいけない...という「義務感」に襲われたら要注意かもしれません。そんな時は一旦深呼吸をして、なぜ今自分の目の前にそのやるべきことがあるかを考えてみましょう。すると、自然と元来の目的が見えてきます。これこそが初心に立ち返る意味なのではないかと思います。