燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

Jazzアレンジって?

 

 

 どうも。燦太郎です。

 

最近店内などでジャズが流れているのをよく耳にします。ジャズ大好き人間の私からすると、非常に嬉しいことです。

 

 

そんな中、動画サイトなどで近頃よく見かけるのが「Jazzアレンジ」。アニメの曲や、popsなどをジャズ風にアレンジしていて、私もたまに聴いてみるのですが...

「これJazzアレンジって言ってもいいのか?」という曲が結構あります(これはあくまで私の基準です)。

 

 

ピアノとドラムとウッドベースがあれば「ジャズ風」にはなると思うのですが、やはり「ジャズ」に大切なのはリズムだと感じます。バッキングでどれだけswingしようとしても、原曲のテーマがそれにのっていけない(非常にのりにくい)ことなどがよくあるように思います(逆も然り)。そうはいってもかなりかっこいい曲も中にはあるので、アレンジに向いてる曲と、そうでない曲がはっきりしているのかもしれません。

 

 

ジャズの定義はかなり複雑になっていて、「ジャズ風」と「ジャズ」の区別は難しいところです。しかし、個人的には「Jazz風アレンジ」の曲を聴いて、これが「ジャズ」だと理解してしまうのは何だか誤解を生んでしまう気がします。初期から現在にかけて演奏されているジャズと、そのアレンジされたものとを実際に聴き比べてみたらかなりの違いがあるので...

 

 

この境界線を設けるのか、そのラインはどこからどこまでかというのは人によって大きく異なりますし、正解はないと思います。

そう考えると、ジャズの持つ柔軟性はすごいと改めて思いました。

これに関してはまだまだ書き足りないのですが、今回はこの辺で。

読んでくださりありがとうございました!