燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

男の価値

どうも。燦太郎です。 「男の価値」とは何で決まると思いますか?という質問をいただいてから、自分の中で色々と考えたのでまとめておこうと思います。 まず、「価値」という言葉の意味ですが、 1:物事の役に立つ性質・程度。値打ち。 2:(哲学で)「良…

自分の優先順位

昨日はバイト先の先輩から色々なお話を聞かせてもらいました。 その中でとても興味深いなと思った話。 学生の就職を支援する企業が主催となって、これから社会に出ていくためにどういった心がけを持っていったらいいかという内容のセミナーなどがあるらしい…

1ヶ月書店で働いてみて

どうも。燦太郎です。 書店で働き始めて1ヶ月ほど経ちました。 週4で勤務なので、大変かな?とはじめは不安だったのですが、想像以上に楽しくやっています。 前の飲食店とは違って、学生バイトはかなり少なくてほとんどが社員さんです。 皆さんとてもいい人…

何もない自分

どうも。燦太郎です。 時々無性に虚しくなるときがあります。 これまでの自分の人生などを振り返って、とりあえず目の前のことは頑張ってきたけど、そこから自分は何か得られているのか。 やりたいことをやっているけれどどれも中途半端で、何一つ形にできて…

哲学的なことを考えるようになったきっかけ

どうも。燦太郎です。 今回はとても興味深いご質問をいただきました。 哲学的なことを考えるようになったきっかけについてです。 質問者の方は、小さい頃に両親に自分の気持ちを理解してもらいたかったけれどもそうはいかず、そのことが哲学の本を読み始める…

言葉は暴力

どうも。燦太郎です。 言葉って時に暴力になり得ますよね。 「暴言」という表現があるように、強い一言で相手の心を傷つけることもできます。 たまに街でも大声で暴言吐いたりしているおじさんとかいますが、手段が違うだけで、実際ものや人に物理的に「当た…

男性誌と女性誌

どうも。燦太郎です。 私は雑誌が好きなので、本屋に行けば男性誌も女性誌も立ち読みしたりするのですが、 昨日は面白い発見がありました。 私が特に好きなジャンルはファッションももちろん、カルチャー系や、ライフスタイル系のもの(音楽雑誌ももちろんで…

「気が強い」と「芯がある」

どうも。燦太郎です。 気が強いという人の性格と、芯があるという性質は必ずしもイコールではないとつくづく思います。 これまで出会ってきた人の中で、「芯があって気も強い」という人にあまり出会えてません。 逆に、単に「気が強い」人はたくさん出会いま…

表現の自由

どうも。燦太郎です。 書店で働き始めて思うことは、表現の自由って大切だなということです。 棚に並んだ本を眺めて、色んな題名の本があるわけですが、 面白そうだなと興味を引くものから、なんじゃこれ!というものまでたくさんあります。 また、書籍のバ…

高槻ジャズスト!!

どうも。燦太郎です。 5月といえばジャズスト!というイメージが自分の中にすっかりついてしまいました。 今年も行ってきましたよ〜 天候が心配されていましたが、なんとか雨は降らずにすんで本当によかったです。 今回は前回の失敗を活かし、事前に見たい…

警備のおっちゃん

どうも。燦太郎です。 バイトの日は必ず、バイト先の書店が入っている建物を警備する警備員さんにまず挨拶をします。そこの警備員さんはとても雰囲気の良い方が多いのですが、私が特に好きなおっちゃんがいます(残念ながら名前を知らない)。 そのおっちゃ…

電子書籍

どうも。燦太郎です。 今回は電子書籍についてどう思うかというご質問。 実はあまり電子書籍を読んだことがないといいますか、Web上で漫画などを読むということはたまにするのですが、いわゆる専用の機械でちゃんと読んでみたことがないのでなんとも言えない…

後輩との接し方

どうも。燦太郎です。 今回は後輩との接し方についてご質問いただきました。 後輩とはこう接するべきだ!みたいな確固たるものは自分の中にあまりないのですがいくつか書いてみようと思います。 まず、初めての環境で緊張している後輩などにはなるべく自分か…

働くのだるい?

どうも。燦太郎です。 通学帰りに電車の中で大学生の口からよく出る言葉ランキング上位を占める、 「今からバイトだりぃ〜」「もう働きたくない」 という言葉。 私自身も体力的に疲れたりしていたら、ついつい口にしてしまうことあるのですが。 なんだかふと…

大学生はなぜジャズをやめてしまう人が多いのか

どうも。燦太郎です。 今大学の新歓期で、春から大学生になった新入生にジャズを布教しているわけですが。 例年、入ってきた人数の3分の2くらいは途中でジャズやめてしまうんですよね。 最近はその理由をずっと考えていました。 まあそもそもジャズを好きに…

力の抜き方

どうも。燦太郎です。 変に完璧主義なところがある自分。でもそれが鎖となって自分に巻き付き、どうにもできないくらい辛くなることがありました。 やりたいことがたくさんあって、全部100%やろうと思ってましたし、100%を目指してやるべきだと信じていまし…

大学の講義

どうも。燦太郎です。 皆さんご存知の通り、大学では自分の好きな授業を選んで履修できることが多いですよね。私自身もかなり講義を自由に選べる学科にいるのですが、今日まで大学に通っていて思うのは、授業の面白さは内容よりも教授や講師の面白さに起因す…

『セブンルール』

どうも。燦太郎です。 皆さん『セブンルール』ってTV番組ご存知ですか?フジテレビで火曜日の夜11:00からやっています。 内容としては、世の中で活躍を見せる女性たちが自分に課している7つのルールを、短いドキュメンタリーの間に紹介していくというもの。 …

奨学金

どうも。燦太郎です。 私は学費を自己負担しているので、奨学金の制度を利用しています。 借りすぎても将来大変なので、できるだけ少ない金額を借りて、アルバイトで稼いだお金も足しながら学費を払っているのですが、色んな人の話を聞くと、皆それぞれかな…

画材

どうも。燦太郎です。 昔から絵を描くことが好きなのもあり、画材が好きです。 もともと軽くコレクター気質といいますか、同じものの色違いとかが並んでいることが好きで、手芸店の毛糸のコーナーとか、布のコーナーとか、画材店のいろんな色のクレヨンだっ…

自分の軸

どうも。燦太郎です。 近頃、自分の脳裏に就活という文字が見え隠れしてきました。 周りの友人が就活真っ盛りということもありまして。 私自身、社会というもの自体にあまり好感を持ってはいませんが、嫌とはっきり言うのであれば、もっと社会の色んなところ…

13年目

どうも。燦太郎です。 今年度で13年目。 トランペット吹き始めて13年経ちました。 自分が一番びっくりなんですけどね〜 13年かぁ…っていう。 自分では長いこと続けてるという体感があるというよりは、後ろ振り返ったらそれだけ時間が経っていたという感じで…

自分の限界

どうも。燦太郎です。 自分の限界ってどこにあるんでしょうか。 限界と思ってしまったところが自分の限界値になる、限界と思わなければ無い、と思っていたのですが、本当にそうなのかなと考え始めました。 頑張るぞ!とやる気に満ち溢れているときに限って体…

キレイな部屋

どうも。燦太郎です。 休みの間に毎年恒例の部屋の模様替えをしようと思い、ここ数日部屋の片付けをしていたわけですが。 今回は結構盛大に片付けをしていて、色々な物が散乱した状態が何日間か続いたら、 あ、これはよくない となりました。 つまりバイト帰…

夏目漱石『三四郎』を読んだ!

どうも。燦太郎です。 ここ最近ずっと読んでいた『三四郎』、やっと読み終わりました! 夏目漱石は『こころ』を読んだくらいで、まだ触れていない作品が多いのですが、たまたま家にあった『三四郎』を手にとってみました。 それにしても、本当に文章の美しさ…

女好き

どうも。燦太郎です。 世の中には「女好き」と呼ばれる男性がいます。可愛い女性にすぐ手を出して…というタイプの。彼女と別れてもすぐに別の女の子を捕まえて…みたいなことが得意な男性がいます。 そういう人は、ある意味では女性を惹き付ける魅力があると…

女性の社会進出

どうも。燦太郎です。 ある男性の方とお話をしていたときのこと。その方が勤めている職場は、男女比の割合が男性にかなり偏っているようで、上層部からの注意も受けるほど、他と比べて女性が少ないのだそうです。 これは今日本社会の中で最も問題になってい…

Shinya Fukumori Trio @阿倍野区民ホール

どうも。燦太郎です。 今日はまちに待った福盛さんの凱旋公演。 チケットは完売、立ち見のお客さんも大勢いるほどの大盛況でした。 コンサートに行く前に、このトリオのCDを聴いていたのですが、本番はやはりホールの反響と曲の美しさがぴったりと合っていて…

考えられる環境

どうも。燦太郎です。 私は大学で哲学を専攻していて、当然哲学的に何かを考えることに価値があると思っています。みんなもっと深く考えることをしたら、世の中変わるんじゃないかとまで思っていました。 でも、深く考えるということ自体、そんなに簡単なこ…

春ですね

どうも。燦太郎です。 もうすぐ春ですね。ちょっと気取って見ませんか? ...というキャンディーズの名曲はおいておき。 もう春です!真っ盛りです! 私は季節では春が一番好きなので、花粉はちょっとしんどいけれど、外に出て暖かな日の光に包まれるだけで幸…