燦太郎の「表現日記」

思っていること、考えていること、本やCDのレビューなどについて毎日書きます。

サーモンの切り身は生き物なのだろうか

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

私は言わずとしれたJRユーザーであります。

毎日目にする車内や駅の広告がありますが、その中に、電車のマナーを啓発する類の広告が貼ってありますよね(いいマナーを!みたいな広告自体に疑問を抱いている話はだいぶ前のブログで書いた気がしますが、忘れました)。

 

 

 

 

 

最近JRが推しているのは「マナーいきものペディア」というゆるいイラストのキャラクターでマナーを啓発する広告です。座席を譲らない「寝たふリス」や、順番抜かしの「横カラスー」など、動物の名前とマナー違反を掛けたキャラクターを使っています。

イラストもなかなか可愛く、新しい動物たちがどんどん出てくるのも魅力なのでついつい目に入ってしまいます。

 

 

 

 

 

そして今日車内で始めて見たのは「うるサーモン」という新キャラ。

お察しの通り、車内で大声でしゃべるのを注意するためのキャラクターなのですが、

イラストは、魚ではなく、魚の切り身でした(イメージはサン○オのキリミちゃんみたいな感じです)。

まぁ確かにサーモンと言われれば、魚そのものよりは寿司ネタのあの見た目を想像してしまいますけれども、果たして切り身はいきものなのかという超重大な問題が発生しているのではないですか??

 

 

 

 

 

私達は肉や魚の刺し身などについて、いきもの「だった」と捉えてはいますが、食べる直前にこれはいきものである!という意識はかなり薄れています(意識したら逆に食べられなくなってしまうこともあるかもしれません)。 

いきものについて考えるのが面白い点は、「命あるもの」から「ただの物体」となる瞬間があるということ。

 

 

 

 

家畜の話を例にだしますと(苦手な方はご注意ください)、

家畜が屠殺される瞬間を人間の子どもたちが目の当たりにしたとき、殺される瞬間は皆悲鳴を上げたり、目を伏せたりするけれども、家畜の皮が剥がされ、内臓が出されるところなどは全く怖がらずにまじまじと観察する様子が伺えるという話を聞いたことがあります。

つまり、まじまじとその様子を見ることができるのは、彼らの中でその家畜は「単なる物体化」してしまったという一つの根拠になりそうですよね。こうなると、私達は確かに死んでいるものに対しても嫌悪感は抱くものの、恐怖感については、命が絶たれるその瞬間がピークなのかもしれません。

 

 

 

 

するとすると、やはり私達は魂なるものの存在を心のどこかしらで感じているような気がしてきませんか?単に生物としての生存機能が停止したということではなく、魂が肉体を離れてしまったというなんとも言えない怖さが込み上げてこないでしょうか?少なくとも私は魂と肉体の分離に心がざわつきます。心身二元論者なので(笑)。みなさんはどう感じるでしょうか。

 

 

 

話を戻しますと、やはり切り身をいきものとするのには少し無理があるんじゃないかなーというのが私の結論です。切り身は完全なる物体です。まあキャラクターにしてしまえば物体に命が吹き込まれるのかもしれませんが、そうなると他のいきものキャラクターとはかなり違った立ち位置になってきますよね。現いきものと元いきもの(の一部)という謎の構図が誕生してしまいます。

 

 

 

まさか、いきものを生物(なまもの)と捉えて、生のお刺身という巧妙な言葉遊びを展開しているのか…?

真相やいかに…

何が1番きこえてくる?

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

これまでは自分の所属するサークルのメンバーを中心に音楽の話をしていましたが、最近は他の大学や職場で、ジャズ以外の音楽好きの人とも話す機会がちょこちょことあります。

その人のおすすめのPOPSやヒーリングミュージックなどを教えてもらって、AppleMusicやYouTubeで探して聴くのが近頃の楽しみです。

 

 

 

 

普段はジャズを聴くことが多いので、あまり聴かないものに触れるのはとても新鮮ですし、発見がとにかくたくさんあります。

共通のアーティストが好きな人のオススメの中でも、自分的には「うーん…」というものもあって、色々考えながら聴くと、その人が音楽のどこに重点を置いているかがわかってきたりするんです。その分析のなんと楽しいことか!

 

 

 

 

色々な音楽を聴いて行われるこの分析の対象は、もちろん自分自身に向けられることもあります。この間の発見は、私は歌物の曲になると、人一倍その歌い手の声質に敏感になるということです。

そもそもジャズボーカルもあまり聴くことが少なく、その理由を単純にインストの方が好きだからかな〜と思っていました。しかし、シリル・エイミーにどハマリしたり、シンディー・ローパーの歌声に感動したり…歌自体が嫌いということではないのです。

 

 

 

 

 

ここ最近、ceroものんくるそれぞれのアルバムを4枚ずつくらい聴き比べをしていたときのこと。菊池さんがプロデュースしているジャズアレンジなものんくるは私も好きなはずなのに、これまであんまり聴いてこなかったのは、私が好きな声の範囲がとても狭いということなのだと気づきました(イメージ的にceroは歌がメインというよりも、歌も含めた全体をすごく意識している感じがする一方で、ものんくるはやはり歌物です)。

 

 

 

 

おそらく、ジャズボーカルも声が好きな人が少ないのかもしれません。たとえバックがすごいメンバーでも、ボーカルの声が今ひとつだったら、たとえめちゃくちゃ歌がうまくても少し冷めてしまいます。これはきっと、好きなトランペットを音色で判断する傾向がそのまま現れているんですよね…

 

 

 

 

やっぱりどんな楽器も音色が私にとっては1番重要なのだなーと気づいて一人で納得していました。みなさんは音楽を聴くとき、何に注目して聴きますか?

倹約

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

最近、倹約を始めました。

これまでは使いたいときにお金を使っていました。明日死ぬかもしれないし、今しかこれを買えないかもしれない!などと思って使いたいだけ使っていたのですが、もう少し自分に計画性が欲しくなってきまして。

欲しいものも楽器だったりするので、やはり貯めていくことは大切だと今更ながら気づきまして。笑

 

 

 

 

月にこれだけ貯める!という金額を設定して、その範囲を超えなければ自由に使うというやり方でやってみています。

今まで自由に使ってたぶん、すごく精神的負担がくるのではないか?という懸念もあったのですが、意外とそうではありませんでした。

 

 

 

 

使える金額に合わせて生活に色んな工夫をもたらすのが想像以上に楽しい!

自分で作れるものは作ったり、なるべくコストがかからないものを探したり。時間はかかるかもしれませんが、自分にフィットする物に出会えた時や、いいアイデアをひらめいた時の嬉しさは大きいです。

手間暇かけてこだわった物には愛着も湧きますし、物も大切にしようと思えます。

 

 

 

 

今はスケジュール帳を自作しようと検討中。

スケジュール帳って結構いい値段がするので、それなら素敵なノートを買って中のカレンダー部分は自分にとって使いやすいように書いたらいいのでは?と思いつき、ノートを探してる最中です。考えているだけでもなかなか楽しいですよ〜!

 

 

音楽を続けたい

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

2年半くらい続けたサークル活動も終わり、一段落ついていますが、サークルを抜けて始めて考えることは多くあります。

 

 

 

 

その一つが、これからどうやって音楽を続けていくか。これまでは練習場所も練習時間もあったし、言い方はちょっと悪いですが、音楽を続けざるを得ない状況の中でやっていましたが、もうそうはいきません。

練習するもしないも、ライブするしないも、全て自分の意志に任されています。

 

 

 

 

サークルにいる時は、音楽が好きだし、楽器を吹くのも楽しいから、引退しても続けられたらいいなぁ〜くらいのゆるい気持ちだったのですが、今になっては

そんなぬるい気持ちでいたらきっと私は音楽をやめてしまう…!これはまずい!!!

というのが現状です。あれだけ好きでやっていても、もしかしたらやめてしまうのではないかという不安とは常に隣り合わせです。

 

 

 

 

私の場合だけかもしれませんが、演奏を仕事にせずに音楽を続けるというのは想像以上に覚悟がいると実感。これから勉強したり、バイトをしたり、必然的にやるべきことをこなしていくだけでも結構必死なので…

 

 

 

 

そこで大切になってくるのはやはり音楽仲間の存在だなと思います。仕事を続けながらも音楽をやっている仲間がいれば、それだけでモチベーションになるし、自分の音楽に対する気持ちを蘇らせてくれる人達とはこれからも繋がりを持ち続けたいですし、新しい出会いにも期待したい。

 

 

 

 

音楽を続けるために、ライブ参加や個人練習、音楽の聴き方だったり作曲だったり、色んな手段を持っておきたくて色々挑戦しています。なんだか引退後のほうが音楽に対して真剣に向き合ってるかも?と思うくらい、いかに音楽が好きかを試されている気がします。

音楽、続けたいですね。続けるぞ…!

見た目を磨くと不思議と

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

先日、新しいアクセサリーを作り、新しい服を買って、髪を切りました。

色々バタバタしていてできずじまいだったことを一気にできて気分は最高!

…のはずだったのですが。

 

 

 

 

 

なんだか今は虚しさというか、不安を感じています。不思議だなぁとおもったのですが、おそらく、見た目以上に中身を磨かなければという気持ちがすごく促進されたのだと思われます。

 

 

 

 

自分は見た目だけの人間だけにはなりたくないし、中身が面白い人間になりたいという強烈な思いがあります。

私は見た目もある程度は自分がいいと思うスタイルでいたいし、適当にしてると逆にモチベーションがガタ下がりするので、見た目に気を使うことは自分にとって大切なことです。

しかし一方で、こうしている間にすごい人は勉強しているのだとか思うと、やりたいと思ってやっていることの本筋がわからなくなってくるというか、だんだんと不安になってしまいます。

 

 

 

 

きっと、私は欲張りで、一気に色んな結果を求めてしまうのです。物理的に無理ということでも、求めてしまう。きっと段階を踏むべきものを同時に欲しくなってしまうのでしょうね…

 

 

 

 

 

今回は、見た目を少し磨いたので、今度は中身をしっかり磨けるように地道にやっていきたいです、というぼやきでした。

役に立たない学問ってなんだ?

 

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

哲学を勉強していると言うと、就職大丈夫なのとかよく心配される、通称「哲学って役に立たつの?」問題はずっとつきまとっているわけです。

私としては役に立つ!と言いたいのと同時に、

まぁ確かに哲学実際に役立っているの目の当たりにすることはめったにないな…とも思っていて、正直ものすごくもやもやしていました。

 

 

 

 

 

電車に乗っていたら、「自分の子供には数学と英語を勉強してほしい!理科とかいらんから!特に歴史とかいらんから!!!」って言っている男性の話が聞こえてきて、ものすごく憤りを覚えました。でも一方でビジネススキルとしてはそりゃ歴史は関係ないように見えると思うと何も言えなくなって。

 

 

 

 

こんな感じで悶々としていたところ、大学の教授からとても面白いことを教えてもらいました。それは、

リベラルアーツ(教養)と実学(技術)は全く違うということです。

 

 

 

 

当たり前っちゃ当たり前ですが、簡単にいえば、学問といえど目指す目標、土俵が違うということなのです。

哲学や歴史学、一種の理学的学問は物事の真理を探究する学問である(リベラルアーツ)一方で、医学や工学などはその技術をいかに使うかをその目的としています。なので、後者はどちらかといえば専門学校とやっていることが近いのです。

(心理学や経済学は統計学であるので、社会に対する応用性でいえば実学にちかいです)。

 

 

 

技術を磨いている人からすれば、真理探究はなんの役に立つのか?と思われるのも当然だな…と気づいて、目的が違うとわかったらなんだかとてもすっきりしました。

 

 

 

 

真理を求める側からすると、技術を磨く方たちの努力から恩恵を被っているので、本当にありがたいとおもっています。でもだからといって、リベラルアーツが不必要だとは決して思いませんし、やはり必要だという私の意志はより一層強くなりました。

 

 

 

すごくスケールの大きい話になってしまうかもしれませんが、

ずっとこの社会で生きていく上では、技術だけを学んでいてもどこかで躓く時が必ずくると思うのです。発展した社会では、単に生きるだけでなく、生きる意味や生きがいを考える余裕さえあるほど豊かであります。

鬱や精神的に病んでしまうことの1つの原因に、その考え方やなぜ悩んでいるのかがわからないということは挙げられると思います。

様々な歴史をみて今の社会を客観的に捉えたり、文学作品から情緒の不思議を読み取って自分に反映させてみたり…そういう内面的な学びは今の私達には必要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

今ビジネス書でも、ビジネスで使える哲学とか、教養としての西洋美術とかが売り出されていますが、まさにこれは実学ばかりを学んで、社会人になってリベラルアーツが足りていなかった人が多くいるから売れるのでしょう。文学部を縮小するなどと言っているようでは、この国はまだまだ世界に遅れをとってしまうでしょう。もう技術だけ伸ばして成果が出る時代は終わりかけていると感じます。技術を伸ばしながらも豊かな思想で現代の複雑さに対応していく人間力が求められているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

偉そうなこと言っていますが、教養だけではだめなこともまた事実。私自身もなにか技術を身につけたいといま色々模索中です…

 

Roy Hargrove

 

 

どうも。燦太郎です。

 

 

 

 

 

 

訃報を聞いてからずっと書こうと思っていたロイ・ハーグローブについて今日は書きます。

 

 

 

 

まさかこんなに早く逝ってしまうとは思ってもいなかったので、相当ショックを受けました。 1つの時代が終わってしまったような気がします。

現代のトランペッターも素晴らしい方がたくさんいますが、ロイのようにカリスマ性があって、存在感抜群なプレイヤーを失ってしまうのはあまりにも悲しい。

 

 

 

 

 

改めて聴き直してみると、楽器の技術は言わずもがな、そのハートフルな歌い上げ方はロイにしか成せないと感じます。彼はスタンダードなジャズはもちろん、RH factorといったファンクバンドもこなしていたわけですが、どれを聴いても共通してめちゃくちゃ歌っています。自分の中にある音楽を体現するとはまさにこのことなのでしょうね…1音の打ち込みですら本当にかっこいいですから。

 

 

   

 

ファンクもバラードも絶品とはどういうことだ!と驚くばかりですが、きっとどんなジャンルの音楽でも彼の中で共通する部分があって、それをしっかり自分の中に取り込んで、彼の音楽として発していたのだと思います。

楽器の技術がどれだけあっても心に響かない演奏がありますが、ロイの演奏はとても心に響く演奏で、トランペッターとして本当に華のある存在でした。

 

 

 

 

彼の研究をしようと思って、彼のライブ動画を色々みていると、明らかに演奏スタイルが変わっているものがいくつかあります。

聞いた話によると、薬物によって歯が抜けてしまい、勢いのあるプレイがしにくくなったのではないかということですが、確かにそうなんですよね。バリバリ吹いていた高音も吹きづらそうにしていますし、全体的におとなしいのです。

 

 

 

 

どの楽器もそうですが、管楽器はとくに体の調子が演奏を左右するので歯が変わってしまえばアンブシュアも変わります。薬物は怖いなと思いながらも、それが彼の最盛期を支えていたのかと思うと本当に複雑な気持ちです(チャーリーパーカーもそうだったのでしょう)。

 

 

 

 

 

とにかく、現役トランペッターの1つの指標が失われてしまったことは現代ジャズ界においてかなりの損失です。

まだ彼の音をこの身で体感したことがなかったので、あのとき名古屋に行っておけば…と余計に悔やまれます。 

これからもたくさん彼の残した演奏から勉強させてもらいたいです。ご冥福をお祈りします。